「梶原政景」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 除去: en:Kajiwara Masakage)
'''梶原 政景'''(かじわら まさかげ、[[1547年]]([[天文 (元号)|天文]]16年) - [[16151547年]])) - [[元和 (日本)|元和]]元年([[1615年]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]前期にかけての[[武将]]。岩付太田氏である[[太田資正]]の次男で、[[後北条氏|北条家]]臣として活動した[[太田氏資]]の異母弟。母は[[大石定久]]の娘。没年官位は[[1623年従五位下]]とも。美濃守。通称は梶原源太
 
== 生涯 ==
梶原上野介未亡人の養子となり、梶原の名字を称した。梶原姓を称した時期には諸説ある。'''「梶原源太」'''を称したとされるが、[[鎌倉時代]]の[[梶原氏]]との関係は不詳である。
 
父と共に反[[後北条氏|北条氏]]的な人物だったため、[[北条氏康]]の娘を娶り、親北条氏の立場をとる兄に[[よって{{和暦|1564年]]}}、父と共に[[岩槻城]]から追放された。そのため、父と共に[[常陸国]]の[[佐竹氏]]を頼り、その家臣となった。当主・[[佐竹義重 (十八代当主)|佐竹義重]]の[[小田氏治]]討伐で氏治り、その功績から[[小田城]]を与えられた。兄氏資の死後に、その後釜を狙い一時[[後北条氏|北条氏]]に寝返ったが、父の資正の仲介により帰参している。以後は[[1577年]]に、初陣の[[北条氏直]]による攻撃を受けるなど後北条氏との戦いを継続し、[[里見義頼]]や[[徳川康]]連携し挟撃を画策するど反北条の活動を続けた。[[小田原の役]]後は佐竹氏の命令で[[植田城]]に居城を移した。後、[[文禄の役]]にも参陣し、渡海している。[[関ヶ原の戦い]]ののち、佐竹氏の[[秋田藩|秋田]]転封に従ったがのちに離反し、[[結城秀康]]の家臣として2000石で仕え、[[大坂の役|大坂の陣]]にも秀康の家臣として従軍している。墓所は[[福井市]][[禅林寺]]
 
佐竹義重の[[小田氏治]]討伐では小田氏治勢を破り、その功績から[[小田城]]を与えられた。しかし、兄の氏資の横死後に、その後釜を狙って一時期[[後北条氏|北条氏]]に寝返ったが、父の資正の仲介により帰参している。
 
以後は[[1577年]]に、初陣の[[北条氏直]]による攻撃を受けて応戦するなど、後北条氏との戦いを繰り広げた。また、[[安房国]]の[[戦国大名]]・[[里見義頼]]や、三河国・遠江国・駿河国を領する[[徳川家康]]と連携し、北条氏の挟撃を画策するなど、反北条の活動を続けた。
 
{{和暦|1590}}、[[小田原の役]]後は、佐竹氏の命令で[[植田城]]に居城を移した。翌年、父・資正が没。後には[[文禄の役]]にも出陣、渡海して朝鮮半島にも出兵している。{{和暦|1600}}の[[関ヶ原の戦い]]の後、日和見的態度の終始して減封された佐竹氏の[[秋田藩|秋田]]転封に従うも、後に辞して[[福井藩|北ノ庄藩]]の[[結城秀康]]に2,000石で仕えた。
 
{{和暦|1614}}から始まる[[大坂の役|大坂の陣]]にも秀康の家臣として従軍している。
 
{{和暦|1615}}没。没年には{{和暦|1623}}説もある。
 
墓所は[[福井市]][[禅林寺]]。
 
== 関連項目 ==
*[[雪の峠・剣の舞]]
 
{{DEFAULTSORT:かしわらまさかけ}}
[[Category:梶原氏|まさかけ]]
[[Category:太田氏|かしわらまさかけ]]
[[Category:戦国武将|かしわら まさかけ]]
[[Category:1547年生|かしわら まさかけ]]
[[Category:1615年没|かしわら まさかけ]]
匿名利用者