「アスペクト比」の版間の差分

レイアウト変更。その他カテゴリ、他言語版リンクをアップデート。つらつらと列挙してあったPARは削除。
(レイアウト変更。その他カテゴリ、他言語版リンクをアップデート。つらつらと列挙してあったPARは削除。)
'''アスペクト比'''または'''アスペクト・レシオ'''('''Aspect Ratio''')とは2次元形状の物の長辺と短辺の[[比率]]を指し示す言葉。使用される代表的タイヤのよう物は、映像、紙、航空機や鳥三次元形状形状、二次元平面([[MEMSトーラス|微細加工トーラス面]]における穴径と深さなどで)、ある。長辺:短辺また短辺:ロッドの辺で表れるが、ここでは長辺:短辺で統一する。や直径のようお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的もの短辺:長辺(縦横比)で表も適用されることが多い
使用される代表的な物は、映像、紙、航空機や鳥の翼の形状、[[MEMS|微細加工]]における穴径と深さなどである。長辺:短辺または短辺:長辺で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。なお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
 
また、'''[[ピクセルアスペクト比]]'''はアスペクト比における影響によるピクセル比率の事である。
アスペクト比が”画角全体サイズの比率”を指すのに対してピクセルアスペクト比は”構成される1ドット、または1画素に対する比率”を指す。
 
==具体応用例==
もっとも一般的な用途について言及する。詳細については各記事を参照のこと。
*[[画面アスペクト比]] (SAR)
** [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV) の画面は4:3 (1.33:1) 。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす例である。
** [[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]] (HDTV) は16:9 (1.78:1) 。主にフルハイビジョンテレビもしくはフルハイディフニションテレビの[[画面解像度]]での1920×1080が16:9の条件を満たす。
** 現代のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10 (1.6:1) 。[[画面解像度]]の例としては、1440×900 (WXGA+) 、1680×1050 (WSXGA+) 、1920×1200 (WUXGA) 等。フルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]の1920×1080を完全に表示するには1920×1200 (WUXGA) が必要。
** [[額縁放送]]、[[レターボックス (映像技術)|レターボックス]]は、媒体のSARとコンテンツのSARが異なるときに起こる。
** [[映画]]のスクリーンは、1.37:1(スタンダード)、1.85:1([[ビスタビジョン|ビスタ]])、2.35:1([[シネマスコープ]])など。
** アスペクト比だけをハイビジョンに倣ったワイドテレビが全盛期だった頃、[[日立製作所]]が商品化した民生用[[リアプロジェクションテレビ]](商品名:NeoVision)では13:9という、4:3と16:9の中庸ともいえるアスペクト比を採用した。現在でもHD制作されたテレビ番組の一部ではデジタル放送では16:9、アナログ放送では13:9で放送することがある。
*[[ピクセル]]・アスペクト比 (PAR)
**現代のコンピュータの多くは、1:1。
**720×480、704×480([[NTSC]]のデジタルSDTV、[[DVD-Video|DVD]]など)、352×240([[ビデオCD]]など)のピクセル比は、10:11。
**352×480(NTSCのデジタルSDTV、DVDなど)のピクセル比は、20:11。
**704×240のピクセル比は、10:22。
**ワイド720×480、704×480(NTSCのスクイーズ収録DVDなど)のピクセル比は、40:33。
**ワイド352×480(NTSCのスクイーズ収録DVDなど)のピクセル比は、80:33。
**720×576、704×576([[PAL]]のデジタルSDTV、DVDなど)、352×288(ビデオCDなど)のピクセル比は、12:11。
**ワイド720×576、704×576(PALのスクイーズ収録DVDなど)のピクセル比は、16:11。
**1920×1080(デジタルHDTV)のピクセル比は、1:1。
**1440×1080(デジタルHDTV)のピクセル比は、4:3。
*卓球の粒高ラバーの粒の(高さ÷直径)の割合。1.1以上だと反則になる。
*[[紙]]。[[紙の寸法]]を参照。
**A版・B版は1.414:1(√2:1、[[白銀比]])。
**[[新書]]版は1.618:1([[黄金比]])。
*鳥や航空機の翼の形状 →[[翼#形状関係]]、[[翼平面形]]を参照。
* 写真のアスペクト比→[[写真#アスペクト比]]を参照。
 
;[[画面アスペクト比]]:画面の幅と高さの数値比率。
;[[ピクセルアスペクト比]]:画素の幅と高さの数値比率。
**; [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV):画面は4:3 (1.33:1) 。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす例である。
** ;[[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]] (HDTV) :画面は16:9 (1.78:1) 。主にフルハイビジョンテレビもしくはフルハイディフニションテレビの[[画面解像度]]での1920×1080が16:9の条件を満たす。
** ;[[映画]][[Image:Aspect ratios.png|right|thumbnail|320px|青い枠:シネマスコープ。赤い枠:ビスタサイズ。緑枠:スタンダード]]:スクリーンは、1.37:1(スタンダード)、1.85:1([[ビスタビジョン|ビスタ]])、2.35:1([[シネマスコープ]],など。
** ;[[額縁放送]]、[[レターボックス (映像技術)|レターボックス]]は、:媒体のSAR[[画面アスペクト比]]とコンテンツのSAR画面アスペクト比が異なるときに起こる。
 
**;[[ディスプレイ (コンピュータ)]]:現代のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10 (1.6:1) 。[[画面解像度]]の例としては、1440×900 (WXGA+) 、1680×1050 (WSXGA+) 、1920×1200 (WUXGA) 等。フルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]の1920×1080を完全に表示するには1920×1200 (WUXGA) が必要。
**;[[紙の寸法]]:A版・B版は1.414:1(√2:1、[[白銀比]])。[[新書]]版は1.618:1([[黄金比]])。
;[[写真#アスペクト比|写真のアスペクト比]]:16:9 …ハイビジョンテレビの画面に同じ。パノラマ写真の一種。アドバンストフォトシステムの規格(APS-H)。<br />3:2 …35ミリフィルムのほとんどを占める規格。 <br />4:3 …一般的なテレビ画面(NTSC)やコンピュータのディスプレイに同じ。コンパクトデジタルカメラなどで主流。
;[[広告]]の寸法
;[[タイヤ#表示|タイヤコード]]
;[[タイヤ#表示|タイヤのサイズ]]
*;[[卓球]]:ラケットの粒高ラバーの粒の(高さ÷直径)の割合。1.1以上だと反則になる。
*;鳥や航空機の翼の形状:[[翼#形状関係]]、[[翼平面形]]を参照。
;[[レンズ|光学レンズ]]の[[ザイデル収差|非点収差]]:[[光学]]における[[収差]]の分類の一つで、結像部分のボケ方の縦横比。[[:en:Astigmatism]]に詳しい。
 
==出典==
{{Reflist}}
 
== 関連記事 ==
* [[比率]]
 
{{DEFAULTSORT:あすへくとひ}}
{{tech-stub}}
[[Category:映像技術]]
[[Category:テレビ技術]]
[[Category:ディスプレイ技術]]
[[Category:航空工学]]
[[Category:光学]]
 
<!--sv版は日本語版でいうところの[[画面サイズ]]なんだけどどうなんだろう-->
 
[[ca:Relació d'aspecte]]
[[de:Aspektverhältnis]]
[[en:Aspect ratio]]
[[ko:가로세로비]]
[[it:Aspect ratio (immagine)]]
*[[画面ja:アスペクト比]] (SAR)
[[sv:Bildformat]]
[[ur:رخی تناسب]]
[[zh:縱橫比]]
72

回編集