「木曽谷」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[画像:KisoDani.jpg|Right|thumb|320px|木曾谷(2006年11月撮影)]]
'''木曾谷'''(きそだに)とは、[[長野県]]から[[岐阜県]]にかけて続く[[木曽川]]上流[[渓谷]]を中心とする地域の総称である。木曽川の浸食により形成された深い[[V字谷]]状地形が延長約60kmにわたっており、その主線はおおむね北北東から南南西の方角に沿う。東南方面には[[木曽山脈]](中央アルプス)が、西北方面には[[御嶽山]]がある。現在の[[長野県]]南西部にあたる。木曽谷とも表記する。(参照→[[木曽]])
 
== 地域範囲 ==
史料上の記事は、まず『[[続日本紀]]』に見え、[[702年]]([[大宝 (日本)|大宝]]2年)に岐蘇山道(きそのやまみち)が、[[713年]]([[和銅]]6年)に吉蘇路(きそのみち)が開通したとある。木曾の表記は[[平安時代]]末期ごろに現れ、[[源義仲]](木曾義仲)の活躍などによって広く定着したとされる。
 
はじめ[[美濃国]][[恵那郡]]に属していたが、[[信濃国]]と所属がしばしば争われた。[[9世紀]]後半の[[貞観 (日本)|貞観]]年間には[[天皇]]による[[勅命]]による検分が行われ、県坂上岑([[鳥居峠]])を境界とし、岐蘇・小岐蘇の所属は美濃国恵那郡絵上郷と定められたが、[[平安時代|平安]]末期になると、[[源義仲]]が信濃国木曾の住人とされたように、「木曾谷は信濃」という認識が生まれた。
 
古代末期から中世初期にかけて、大吉祖荘([[宗像氏|宗像少輔領]])と小木曽荘([[八条院領]])の2つの[[荘園]]が[[史料]]上に現れ、中世中期([[14世紀]])頃までその名が見られる。大吉祖荘は信濃国、小木曽荘は美濃国と書かれる傾向にあった。[[14世紀]]までに[[常陸]][[真壁氏]]が[[地頭]]として木曾谷南部の小木曽荘を支配していたが、建武争乱の勲功で[[足利尊氏]]から木曾谷北部の大吉祖荘を恩賞として与えられた[[上野国]][[沼田氏]]が当地に入部すると、沼田氏は木曾谷全域へ支配を広げていった。沼田氏は源義仲の末裔を称し、[[木曾氏]]と名乗った。
 
[[15世紀]]末には、新たに木曾荘が登場する。木曾荘は16世紀前半まで美濃国として史料に現れるが、16世紀半ば頃に当地を支配下に入れた[[武田信玄]]は木曾谷を信濃と認識した。「木曾谷は信濃」の認識が定着したのは、おそらく信玄以後のことだろうと考えられている。
 
[[江戸時代]]初頭になると、全国各地の建設ラッシュに応えるため木材生産地として開発され、本来の信州である奈川、奈良井、贄川の3ヶ村とともに[[尾張藩]]に組み入れられた。その後、[[ヒノキ]]を中心とする[[林業]]が隆盛した。(詳細→[[#林業]]節)
 
明治以降も林業が産業の中心を占め続け、交通の相対的な不便さもあって[[近代産業]]の発展は見られなかった。その反面、近代以前の景観がよく保存されており、貴重な[[観光]]資源を形成している。
 
== 林業 ==
大部分を急峻な山地が占めるため耕作地は少なく、木曽川沿いの狭小な平地に見られる程度である。年間降水量3000mmという豊富な雨量と、[[濃飛流紋岩類]]の風化による保水力の高い土壌によって、[[針葉樹]]が生育しやすい条件がそろっており、近世初期以降、[[ヒノキ]]を中心とする[[林業]]がおこり、当地の主要産業として栄えた。
 
近世初頭には、江戸幕府の政策に従って[[畿内]][[北陸]]などの林業先進地から多くの[[杣工]]が動員され、林業開発が急速に展開した。また木曽川の開削事業が進められ、大量の材木の運送が可能となった。木曾谷は[[尾張藩]]領とされ、尾張藩は林業により多大な収入を得た。近世前期は林材の伐採が著しく、尾張藩は森林保護・伐採抑制政策を進め、その結果、広大なヒノキ林が形成されることとなった。
 
明治以降、尾張藩有林は国有の官林へ編入され(木曾官林)、[[1889年]]([[明治]]22)年には御料林として皇室財産となった。第二次大戦後の[[1947年]]([[昭和]]22)に[[国有林]]に指定され、[[林野庁]]の所管となった。その後は、1959年(昭和34)の[[伊勢湾台風]]による被害木の大量伐採などがあったものの、木材の収穫量は長期的な減少傾向にある。
5,749

回編集