「マイケル・ドゥーハン」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Mick Doohan 1990 Japanese GP.jpg|thumb|250px|マイケル・ドゥーハン(1990年日本GP)]]
'''マイケル・ドゥーハン'''('''Michael "Mick" Doohan''', [[1965年]][[6月4日]] - )は、[[オーストラリア]]・[[クイーンズランド州]]・[[ブリスベン]]出身の[[オートバイ]][[レーサー]]。[[1992年]]以後のエントリーネームは'''ミック・ドゥーハン'''。[[1994年]]から[[1998年]]まで[[ロードレース世界選手権]]500cc5年連続チャンピオン。兄スコットもオートバイレーサーである
==略歴==
[[1987年]]にTT-F1世界選手権日本ラウンドにプライベートチームから出場、3位入賞し注目を集める。[[1988年]][[スーパーバイク世界選手権]]日本大会第2レースで優勝。ちなみに日本ではこの年まで「マイケル・ドーハン」と呼ばれることが多かった。[[1989年]]、同郷の先輩[[ワイン・ガードナー]]のチームメイトとして[[レプソル・ホンダ|ロスマンズ・ホンダ]]チームに加入し、ロードレース世界選手権500ccクラスに本格参戦を始める。[[1990年]]に500cc初優勝、[[1991年]]ランキング2位となるなど徐々に頭角を現し、ホンダの新エースとしてチャンピオン候補と目されるようになる。