「トラクションコントロールシステム」の版間の差分

 
== 概要 ==
自動車が発進・加速を行う際に[[タイヤ]]へと伝わる強い駆動力は、時として走行路面の[[摩擦力#クーロンの摩擦法則|摩擦係数]]との関係からタイヤの空転(ホイールスピン)を引き起こす可能性がある。空転は駆動力を無駄に消費するのみならず、自動車を不安定な状態にすることが多く、安全面でも大きな問題となる。従来は、運転者が[[アクセル]][[ペダル]]の踏み込みを細かく調節して空転を防止する必要があった。
 
トラクションコントロールシステムは、車両速度と各タイヤの回転速度などから空転を把握し、[[エンジン]]からの駆動力を低減・調節して空転状態を解消する。これにより、特に[[雪|降雪]]などで摩擦係数が低下している路面において、ドライバーの能力とは独立に自動車の安定性が高まることになる。このことから、トラクションコントロールシステムは[[アクティブセーフティ]]を実現する機能の一つと考えられている。
匿名利用者