「日本電産コパル」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
その後、日本電産と資本提携し、経営を建て直し中。
 
== 沿革 ==
*[[1946年]] - 個人経営でシャッター製造開始。
*[[1949年]] - 株式会社組織に変更、(株)コパル光機製作所設立。
*[[1961年]] - [[東京証券取引所]]第二部に上場。
*[[1962年]] - 社名を「(株)コパル」に変更。
*[[1971年]] - 東京証券取引所第一部に昇格。
*[[1978年]] - 子会社のコパル精密(株)を吸収合併。(現[[郡山市|郡山]]技術開発センター)
*[[1984年]] - 子会社5社(コパルコーオン(株)、コパル光機(株)、六日町コパル(株)、一関コパル(株)、武蔵野コパル(株))を吸収合併。富士通株式会社と資本提携
*[[1987年]] - コパル精密部品(株)(現日本電産コパル精密部品(株))設立。
        富士通株式会社と資本提携
*[[1988年]] - [[タイ王国|タイ]]の富士通タイランド株式会社に資本参加(コパルディビジョン開設)
*[[1987年]] コパル精密部品(株)(現日本電産コパル精密部品(株))設立。
*[[1991年]] - [[マレーシア]]にコパルプレシジョン・マレーシア(株)(現日本電産コパル・マレーシア(株))設立。
*[[1988年]] [[タイ王国|タイ]]の富士通タイランド株式会社に資本参加(コパルディビジョン開設)
*[[19911997年]] - [[マレーシアフィリピン]]にコパルプレシジョン・マレーシアのPRECISION ENGINEERED COMPORNENTS CORP.(PECCO社)株)(現日本電産コパル・マレーシアフィリピン(株))設立に経営参加
*[[1998年]] - 日本電産(株)が筆頭株主となり、グループ企業に。中国・上海に科宝光電機器(上海)有限公司設立。
*[[1997年]] [[フィリピン]]のPRECISION ENGINEERED COMPORNENTS CORP.(PECCO社)(現日本電産コパル・フィリピン(株))に経営参加。
*[[1999年]] - [[ベトナム]]に日本電産コパル・ベトナム会社設立。社名を「日本電産コパル(株)」へ改称。
*[[1998年]] 日本電産(株)が筆頭株主となり、グループ企業に。中国・上海に科宝光電機器(上海)有限公司設立。
*[[19992000年]] [[ベトナム]]に日本電産- 富士通タイランド・コパル・ベトナム会社設立。社名を「ディビジョンが日本電産コパル・タイランド(株)」へ改称として独立し、新工場を建設、操業開始
*[[20002001年]] 富士通タイランド・コパルディビジョンが- 日本電産コパル・タイランドヨーロッパとして独立し新工場を建[[中国]]・浙江省平湖市に日本電産科宝(浙江)有限公司、操業開始
*[[2003年]] - [[アピックヤマダ]]とコパル・ヤマダ(株)設立。
*[[2001年]] 日本電産コパル・ヨーロッパ(有)、[[中国]]・浙江省平湖市に日本電産科宝(浙江)有限公司設立。
*[[2003年]] [[アピックヤマダ]]とコパル・ヤマダ(株)設立。
 
== 事業所 ==
*本社・東京技術開発センター - 東京都板橋区
*郡山技術開発センター - [[福島県]][[郡山市]]
*一関工場 - [[岩手県]][[一関市]]
 
== 参考文献 ==
*"写真工業" 「コパルスクエアについて - コパル光機製作所 設計部」 [[1960年]](昭和35年)10月号 光画荘
*"アサヒグラフ" 「1/500でセルフタイマー」 [[1957年]][[5月19日]] [[朝日新聞社]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.nidec-copal.co.jp/ 日本電産コパル株式会社]
 
[[Category:日本の精密機器メーカー]]
[[Category:板橋区の企業]]
[[Category:日本のカメラメーカー・ブランド]]
 
[[en:Nidec Copal Corporation]]
23,380

回編集