「光合成細菌」の版間の差分

見出し追加
m (記事名読み)
(見出し追加)
'''光合成細菌'''(こうごうせいさいきん)は[[光合成]]を行う[[原核生物]]の総称。[[16S_rRNA系統解析]]に基づく原核生物の分類群のうち[[シアノバクテリア]]、[[紅色細菌]]、[[緑色硫黄細菌]]、[[緑色非硫黄細菌]]、[[ヘリオバクテリア]]が含まれる。緑色非硫黄細菌は緑色繊維状細菌、緑色滑走細菌と呼ばれることも多い。紅色細菌は[[栄養的分類]]から紅色硫黄細菌と紅色非硫黄細菌に分ける事も有る。
 
==概要==
光合成細菌のうち、シアノバクテリアのみが酸素発生型の光合成を行い、その他は酸素非発生型の光合成を行う。また、シアノバクテリアは光化学反応中心I(鉄硫黄型反応中心)と光化学反応中心II(キノン型反応中心)の両者を持っているが、その他は鉄硫黄型反応中心かキノン型反応中心のいずれか一方しか持たない。
*キノン型反応中心のみを持つもの
[[光合成色素]]としては光合成細菌全てにおいて[[クロロフィル]]類を用いている。しかしながら、シアノバクテリアではクロロフィルを用い、その他ではバクテリオクロロフィルを用いる。反応中心色素(スペシャルペアー)として用いられる色素は基本的にクロロフィル <i>a</i> もしくはバクテリオクロロフィル <i>a</i> であるが、シアノバクテリアの一種である <i>Acaryochloris marina</i> ではクロロフィル <i>d</i> を用いており、紅色細菌の一種である <i>Blastochloris viridis</i> ではバクテリオクロロフィル <i>b</i> を用いるほか、ヘリオバクテリア属は全てバクテリオクロロフィル <i>g</i> を用いている。バクテリオクロロフィル <i>g</i> は、酸素存在下で光エネルギーを吸収するとクロロフィル <i>a</i> 様物質へと異性化することが知られている。
 
紅色細菌と緑色非硫黄細菌は酸素存在下で[[呼吸]]によって生育が可能であり、酸素非存在下および酸素微存在下では光合成器官(光化学反応中心やアンテナ色素系)を作り光合成によって生育する。一方緑色硫黄細菌とヘリオバクテリアは酸素存在下においては生育できない。ただし、ヘリオバクテリアは[[耐性[[胞子]]を形成することが知られており、それにより酸素存在下でも生き残ることが知られている。
 
==アンテナ色素系==
匿名利用者