「珪藻」の版間の差分

編集の要約なし
'''ケイソウ'''('''珪藻''')は、[[不等毛植物]]門ケイソウ綱(あるいは[[原生生物]][[ストラメノパイル]])に属する[[藻類]]であり、単細胞、または複数の藻体が集まって[[群体]]を形成する。細胞がケイ酸質([[二酸化ケイ素]])でできた殻に入っているのが特徴である。[[光合成]]色素として、[[褐藻]]などと同じく[[クロロフィル]]a、c1、c2。補助色素として[[カロテノイド]]である[[フコキサンチン]]、[[ジアトキサンチン]]、[[ジアジノキサンチン]]などを含み、む。黄褐色にみえる。葉緑体の包膜が4重であることから光合成機能の獲得は[[二次共生]]によるものだと考えられている。
 
大別して、殻の上部もしくは底部から観察した際に点対称な構造である中心目と、線対称な構造である羽状目に分けられる。
 
== 生育環境 ==
匿名利用者