「パームボール」の版間の差分

 
== 歴史 ==
考案者については幾つかの説があるものの、[[1948年]]に[[近藤貞雄]]が独特の3本指で投げた当時に言う「疑似チェンジアップ」であるという説が近藤亡き後も有力である。ちなみに、近藤の場合は右手中指の[[神経]]の損傷がきっかけで生まれたものである。その後、[[小山正明]]が[[1964年]]にパームを駆使して30勝を挙げ注目されるようになった。パームを決め球として使用する投手は多くないが、[[2009年]]現在で決め球として投げる投手としては[[帆足和幸]]や[[金村暁]]が有名である。
 
== 参考文献 ==
651

回編集