「エムシーシスター」の版間の差分

編集の要約なし
自誌に登場するモデルを人格化し個性を尊重していることにより他雑誌との差別化する手法を取り入れ、後に他の女性情報誌も追随する事になる。 専属モデルは'''シスターモデル'''とよばれ、年に一度の一般公募オーディションにより選考されていた。地方在住者の原石を見つけることを考慮したオーディションにより、倍率は、約一万倍であった。他の雑誌とは比べ物にならないくらい、オーディション人気が高かった。
 
<!--モデルが主に日本人であったことが読者の親近感を呼び、-->同誌のモデルからは安田成美村上里佳子を初め数多くの女優・タレントを生み出しており、スターへの登竜門と言われていた。
 
毎年夏に東京を中心に数都市にてシスターフェスティバル(Sister Festival)というイベントを主催していた。専属モデルによるファッションショーの他、企業ブースなども出店しており、ファッション雑誌主催のイベントとしては大規模なものとしては初めての試みであり、他誌も追随するようになった。
 
==同誌で活躍したレギュラー、専属モデル==
匿名利用者