メインメニューを開く

差分

en:Anti-Stalinist leftも参照し、「反スターリン主義」の複数の意味を併記した。また各節は時系列に順序変更した。
{{出典の明記}}
'''反スターリン主義'''(はんスターリンしゅぎ。あるいは反スターリニズム、英:[[:en:Anti-Stalinist left|Anti-Stalinism]])とは、[[日本共産主義]]が1955年に、それの潮流での「農村から都市を包囲する」という中国革命方式の「武装闘争」路線を放棄しは思想の1つであり、[[六全協スターリン主義]]ソ連邦における[[スターリン批判]]、あるいは[[ハンガリー動乱]]とそれをソ連軍が武力鎮圧した衝撃と反発から派生したマルクス主義革命運動のほぼ日本基づく既存み勃興した一傾向政治体制である。既存の[[ソ連型社会主義国家]]および[[コミンテルン]]を系譜とする[[共産党]]などを否定し乗り越えようとする。第二次大戦後の日本の革命政治思想や運動における[[新左翼]]の主流にもなった立場である。[[黒田寛一]]によって「'''反帝・反スタ'''」として定式化され、提唱された
 
従って「反スターリン主」とは、誤解され易いが「[[マルク主義]]自体を批判する[[社会民主主義]]や[[バク(ソ連、各国共産党]]など)への批判総称」ではなく[[アナキズム]][[ボリシェヴィキ|ボリシェヴィキズム]]独裁を批判する[[ローザ・ルクス・センブルク]]、[[レーニン主義]]の立場から[[ヨシフ・スターリン|スターリン]](ソ連、各の[[一共産党など)による「マルクス社会主義の歪曲」や「世界革命への裏切り」論]]を批判する[[トロツキズム]]と称する黒田寛一の影響と系譜は[[1956年]]の[[スターリン批判]]る理論と運動こと総称である。
 
しかし、特に[[第二次世界大戦]]後の[[日本]]の[[新左翼]]における「反スターリン主義」とは、[[黒田寛一]]によって理論化され提唱された思想や運動であり、またその潮流を指す。これは「真の[[マルクス・レーニン主義]]」の立場から、スターリンによる「マルクス主義の歪曲」や「世界革命への裏切り」、[[日本共産党]]による1955年の武装闘争路線の放棄である「[[六全協]]」などを批判し、「スターリン主義と帝国主義は同時に打倒されなければならない」とする。この思想は「反帝国主義・反スターリン主義('''反帝・反スタ''')」として定式化され、現在でも[[日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派|革マル派]]および[[革命的共産主義者同盟全国委員会|中核派]]の基本理論となっている。
 
== 概要 ==
 
イギリスのトニー・クリフのように「ソ連国家資本主義」論に立つ理論と運動はあるが、既成の在野の共産党も含めて「労働者階級の敵」と規定した点に、黒田寛一の主張した反スターリン主義の際立った特徴がある。このような理論と運動は世界の革命運動においても日本にしか存在せず、それをもって革マル派および中核派は「反スターリン主義の党派が存在するゆえに日本の革命運動は最も先進的である」とする。革マル派は「世界に冠たる反スタ主義(もしくは黒田思想)」、中核派は「日本革命を世界革命の突破口に」という表現が、両派の機関紙などに見受けられる。また、革マル派および中核派は「世界革命」を最終目標に掲げているが、[[第四インターナショナル]]のような国際革命組織に加盟したり、あるいはあらかじめ自らの国際組織を形成するのではなく、自派主導の「日本革命」を成功させ、その権威で国際組織を形成して革命を世界の広げる、という方針を掲げる。
 
== アナキズムの極左的反共主義 ==
[[ローザ・ルクセンブルク]]は、[[ボリシェヴィキ|ボリシェヴィズム]]の独裁を批判したが、スターリン主義の粛清や圧制を徹底的に批判したのは[[アナキズム]](無政府主義)であろう。もっともアナキズムにとっては、単にスターリン主義だけが独裁や圧政の張本人であるのではなくトロツキズムも同類であり、それのみならずボリシェヴィズムそのものを独裁と圧制の元凶として激しく批判し、さらには[[カール・マルクス|マルクス]]と[[フリードリヒ・エンゲルス|エンゲルス]]が『[[共産党宣言]]』でいうところのプロレタリア独裁を、[[ミハイル・バクーニン|バクーニン]]が先駆的に批判(『国家と無政府』)したように、後にスターリン主義として展開される独裁と圧制のルーツとして、それを激しく批判する。アナキズムは、しばしば、極左的な[[反共主義]]ともいわれ、アナキズムの反スターリン主義は、事実上の革命的反共主義であるともいえよう。
 
== トロツキズムの「スターリン主義」批判 ==
なお、スターリニズム批判にも様々な違いはある。例えば、[[トロツキズム]](トロツキー主義)の場合は、スターリン主義のソ連は'''「官僚的に歪められ、堕落した[[労働者国家]]」'''であり、官僚を打倒して堕落を是正する労働者による政治革命が必要とされたが、堕落していてもまだ、「ブルジョアジーによる生産手段の所有を廃した労働者国家である」という視点から、帝国主義からの破壊策動に対しては無条件擁護を唱えた。同様に、非政権共産党についても、反スターリン主義的な「国家権力と同等な打倒の対象」とはみなさず、「誤った綱領・路線で指導されているとしても、労働者階級内部の革命をめざす一潮流」と認知し、批判しつつも必要な共闘は追求するという立場を取る。
 
日本においても、[[日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)]]及びそこから派生した諸党派は、歴史的に独自候補を擁立できない場合は、「プロレタリア統一戦線戦術の一環」として「社共へ投票せよ」と呼びかけてきた。これは他の新左翼党派が「[[反議会主義]]」を掲げ棄権を呼びかけたり、中核派、革マル派ら反スターリン主義派が[[社会民主党 (日本 1996-)|社会民主党]]や[[民主党]](以前は[[日本社会党]])などへの投票を呼びかけることはあっても、共産党候補への投票を呼びかけることはあり得なかったこととは著しく異なる行動である。このような立場は国際組織[[第四インターナショナル]](とりわけ「[[エルネスト・マンデル|マンデル]]派」)の共通の立場であるようだ。
 
ソ連とは一時期「[[中ソ対立]]」として敵対した中国の[[毛沢東主義]]もまたスターリン主義の一つであり、スターリン主義のアジア的専制形態とされる。中ソ対立でソ連のスターリン主義と対立したことから、一部の反スタ派の中には毛沢東主義を支持する動きもあったが、反スターリン主義全体からすればエピソードの域を越えることはなかった。
 
== 日本の新左翼の主張する反スターリン主義 ==
あるいは現在、両派ともに[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]に対して「排外主義扇動反対」という主張から「スターリニスト体制批判」をほとんど控えて、「米日帝国主義批判」を優先させている。とりわけ中核派は、2007年3月3日に行われた[[在日本朝鮮人総聯合会]](朝鮮総連)が主催した「日本当局の朝鮮総聯と在日同胞に対する不当な政治弾圧と人権侵害に反対する在日朝鮮人大行進」に、「[[全日本学生自治会総連合|全学連]]」などの旗を掲げて沿道から声援を送った。「反スターリン主義派」にとって「スターリニスト組織・[[朝鮮労働党]]の出先機関」である朝鮮総聯が主催し、「スターリニスト独裁者」である[[金日成]]・[[金正日|正日]]親子の肖像を壇上に掲げるような集会とデモ行進に「連帯」の意を表明するなどということは、ソ連邦崩壊以前にはありえなかったことではある。これらの変化は「ソ連スターリン主義体制」という敵対する一方の極が崩壊したことによって、両派ともに「反米主義」の傾向をより強めた、という見方も成り立つだろう。しかし、日本共産党に対する敵対的姿勢は基本的には変化はなく、両派ともに「日共スターリニスト打倒・解体」の路線を堅持しているが、90年代後半あたりから日本共産党系の大衆団体と集会で同席することが、革マル派・中核派ともに増えている。もっとも、その際に、両派ともに集会場で日本共産党(とその指導部)を批判するビラを集会でまくこともある。
 
== トロツキズムの「スターリン主義」批判 ==
なお、スターリニズム批判にも様々な違いはある。例えば、[[トロツキズム]](トロツキー主義)の場合は、スターリン主義のソ連は'''「官僚的に歪められ、堕落した[[労働者国家]]」'''であり、官僚を打倒して堕落を是正する労働者による政治革命が必要とされたが、堕落していてもまだ、「ブルジョアジーによる生産手段の所有を廃した労働者国家である」という視点から、帝国主義からの破壊策動に対しては無条件擁護を唱えた。同様に、非政権共産党についても、反スターリン主義的な「国家権力と同等な打倒の対象」とはみなさず、「誤った綱領・路線で指導されているとしても、労働者階級内部の革命をめざす一潮流」と認知し、批判しつつも必要な共闘は追求するという立場を取る。
 
日本においても、[[日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)]]及びそこから派生した諸党派は、歴史的に独自候補を擁立できない場合は、「プロレタリア統一戦線戦術の一環」として「社共へ投票せよ」と呼びかけてきた。これは他の新左翼党派が「[[反議会主義]]」を掲げ棄権を呼びかけたり、中核派、革マル派ら反スターリン主義派が[[社会民主党 (日本 1996-)|社会民主党]]や[[民主党]](以前は[[日本社会党]])などへの投票を呼びかけることはあっても、共産党候補への投票を呼びかけることはあり得なかったこととは著しく異なる行動である。このような立場は国際組織[[第四インターナショナル]](とりわけ「[[エルネスト・マンデル|マンデル]]派」)の共通の立場であるようだ。
 
ソ連とは一時期「[[中ソ対立]]」として敵対した中国の[[毛沢東主義]]もまたスターリン主義の一つであり、スターリン主義のアジア的専制形態とされる。中ソ対立でソ連のスターリン主義と対立したことから、一部の反スタ派の中には毛沢東主義を支持する動きもあったが、反スターリン主義全体からすればエピソードの域を越えることはなかった。
 
== アナキズムの極左的反共主義 ==
[[ローザ・ルクセンブルク]]は、[[ボリシェヴィズム]]の独裁を批判したが、スターリン主義の粛清や圧制を徹底的に批判したのは[[アナキズム]](無政府主義)であろう。もっともアナキズムにとっては、単にスターリン主義だけが独裁や圧政の張本人であるのではなくトロツキズムも同類であり、それのみならずボリシェヴィズムそのものを独裁と圧制の元凶として激しく批判し、さらには[[カール・マルクス|マルクス]]と[[フリードリヒ・エンゲルス|エンゲルス]]が『[[共産党宣言]]』でいうところのプロレタリア独裁を、[[ミハイル・バクーニン|バクーニン]]が先駆的に批判(『国家と無政府』)したように、後にスターリン主義として展開される独裁と圧制のルーツとして、それを激しく批判する。アナキズムは、しばしば、極左的な[[反共主義]]ともいわれ、アナキズムの反スターリン主義は、事実上の革命的反共主義であるともいえよう。
 
== 関連 ==
[[Category:日本の新左翼の思想・文化]]
[[Category:第四インターナショナル]]
 
[[en:Anti-Stalinist left]]
14,510

回編集