メインメニューを開く

差分

m
冒頭の表現の細部を修正(トロツキズムとの差を追記)
広義には、[[マルクス主義]]自体を批判する[[社会民主主義]]や[[バクーニン]]などの[[アナキズム]]、[[ボリシェヴィキ|ボリシェヴィキズム]]の独裁を批判する[[ローザ・ルクセンブルク]]、[[レーニン主義]]の立場から[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]の[[一国社会主義論]]を批判する[[トロツキズム]]、更には[[1956年]]の[[スターリン批判]]などの総称である。
 
しかし、特に[[第二次世界大戦]]後の[[日本]]の[[新左翼]]における「反スターリン主義」とは、[[黒田寛一]]によって理論化され提唱された思想や運動であり、またその潮流を指す。これは「真の[[マルクス・レーニン主義]]」の立場から、スターリンによる「マルクス主義の歪曲」や「世界革命への裏切り」、[[日本共産党]]による1955年の武装闘争路線の放棄である「[[六全協]]」などを批判し、更に「トロツキズムの乗り越え」として「スターリン主義と帝国主義は同時に打倒されなければならない」とする。この思想は「反帝国主義・反スターリン主義('''反帝・反スタ''')」として定式化され、現在でも[[革命的共産主義者同盟 (日本)|革共同]]系である[[日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派|革マル派]]および[[革命的共産主義者同盟全国委員会|中核派]]の基本理論となっている。
 
== 概要 ==
14,375

回編集