「無党派」の版間の差分

無党派層が候補者の所属団体のみにこだわり、政策を考慮しない姿勢を逆手に取り、団体に所属しないことのみを強調し、政策を全く語らない候補者も出てくる。これらの候補者を'''無党派候補'''と称する。
 
古くから[[国会議員#参議院議員|参議院議員]]の間で「[[良識の府]]」として党派に所属すべきで無いという意識が[[参議院議員]]の間に広まっていた。これは旧[[貴族院_(日本)|貴族院]]の影響を受けており、「無党派」とはやや異なるが、[[緑風会]]が非政党の会派として初期には大きな影響力を持った。
 
それに続くのが、[[青島幸男]]や[[横山ノック]]などであった。この2人は後に東京都・大阪府両知事選で当選し、「'''無党派知事'''」と持てはやされた。なお、無党派知事の先駆けとして、保守分裂で自民党系ながらも本部の推薦を受けられなかった[[鈴木俊一 (東京都知事)|鈴木俊一]]([[東京都]])や[[天野建]]([[山梨県]])を挙げる説もある。
匿名利用者