「ディック・ヨーク」の版間の差分

ヨークが俳優としてもっとも知られているのは、[[1964年]]からの連続ホームコメディ「[[奥さまは魔女 (テレビドラマ)|奥さまは魔女]]」での初代のダーリン・スティーブンスの役を通じてである。この番組の成功により彼は[[1968年]]に[[エミー賞]]にノミネートされた。ところが映画「コルドラへの道」の撮影で落馬し背中に損傷を負ったうえ、その苦痛を緩和するために薬物を乱用し、依存症を引き起こしてしまった。「奥さまは魔女」の第5シーズンを最後に、社会復帰への訓練に専念するために降板した。
 
ダーリン役の交替については当時からいろいろな噂が飛び交っており、その一つとして「ヨークが、サマンサ役の[[エリザベス・モンゴメリー]]のわがままに耐えられなくなったから」というのが、日本でもまことしやかに通用していたという。真相はともかく他に残りのシーズンで「ダーリン」をつとめた[[ディック・サ役のイメージェント]]と比較して、ヨークが強くなりすぎた演技力が格段に優れを嫌っいたために、降板を惜た」とも言われていたことがしのばれる
 
この真相はともかく、残りのシーズンで「ダーリン」をつとめた[[ディック・サージェント]]と比較して、ヨークの演技が評判良かっただけに、降板が惜しまれていた。
 
== 献身 ==
匿名利用者