「セミナリヨ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
こうして作られた教育機関がセミナリヨ(初等教育)とコレジオ(高等教育)、およびノビチアート(イエズス会員養成)であった。
 
セミナリヨを設置するため、場所選びが始まった。京都に建てることも考えたが、京都では仏教僧などの反対者も多く安全性が危ぶまれた。そこで[[織田信長]]に願い、新都市安土(現・[[滋賀県]][[蒲生郡]][[安土町]])に土地を願った。すぐさま城の隣のよい土地が与えられ、信長のお墨付きを得たことで、安全も保障された。こうして[[1580年]]に完成したのが安土のセミナリヨであった。同じ時期九州地区でも長崎の有馬(現・[[長崎県]][[南高来郡]][[北有馬町]])に同じようにセミナリヨがつくられた。
 
安土のセミナリヨは純和風建築三階建てで、客をもてなすための茶室が付属していた。信長は屋根の瓦に安土城と同じ青い瓦を使うよう命じ、イエズス会員たちはこれに感謝した。責任者となったグネッキ・ソルディ・オルガンティノ神父は入学者をあつめるため、[[高山右近]]に依頼。彼はキリシタンである家臣の子弟八人を安土に送った。オルガンティノ神父が彼らにセミナリヨの目的について説明し、希望者を募ると彼らはそれに答えて入学を願った。その中には後に長崎で殉教する[[パウロ三木]]や[[元和の大殉教]]で死んだアントニオ三箇がいた。