「オールド・マン・オブ・ホイ」の版間の差分

m
Typoなど
m (Typoなど)
[[Image:Old man of hoy.jpg|thumb|upright|オールド・マン・オブ・ホイ]]
'''オールド・マン・オブ・ホイ'''({{lang-en-short|Old Man of Hoy}})は[[スコットランド]]の[[オークニー諸島]][[ホイ島]]にある高さ137メートルの[[離れ岩]]。[[旧赤色砂岩]]でできており、[[玄武岩]]の台座に乗っている。[[サーソー]]から[[ストロムネス]]{{enlink|Stromness|en}}に向かうフェリーから見ることができる。付近には別の名所ドワーフィ・ステイン{{enlink|Dwarfie Stane|en}}もある。「オールド・マン・オブ・ホイ」とは「ホイ島の老人」の意味であり、昔は下部に貫通孔があって、それが2本足で立っている人のように見えるためそう名付けられた
 
==歴史==
[[Image:Old man of hoy2.jpg|thumb|right|南方からの写真]]
オールド・マンはできてからまだ400年経っていない。まもなく崩れてしまう可能性もある。1600年から1750年までの地図ではまだ離れ岩にはなっていない。1817年に風景画家ウィリアム・ダニエル{{enlink|William Daniell|en}}が描いたは今のものより幅広く、下部に貫通孔があって足が2本あるように見える離れ岩として描かれている<ref>[http://www.famsf.org/ http://www.famsf.org/]で"old man of hoy"で検索するとこの絵が見られる</ref>。このダニエルの絵は地元博物館で見ることができる。19世紀初頭の嵐で足の1本とその上部が流されてしまっており、浸食は今も続いている。
 
オールド・マンはイギリス1970年のコメディ番組『[[空飛ぶモンティ・パイソン]]』の「今日の考古学」のトレーラースケッチにも登場する。また、イギリスのミュージシャン[[ユーリズミックス]]が1984年に作った"[[:en:Here Comes the Rain Again|Here Comes the Rain Again]]"のプロモーションビデオにも登場する。
オールド・マン・オブ・ホイの初登頂記録は[[エベレスト]]初登頂の13年後の1966年のことである。登頂者はクリス・ボニントン、ラスティー・ベイリー、トム・パテイであった。[[1967年]][[7月8日|7月8-9日]]の登頂は[[英国放送協会|BBC]]の特集番組として中継された<ref>[http://www.bbc.co.uk/scotland/greatclimb/sec3_pg3.shtml BBC Scotland 'The Great Climb']</ref>。この時は2人組3組がそれぞれ別ルートで登頂し、そのうちの一組はボニントンとパテイのコンビが初登頂のコースをたどった。
 
現在はいくつかの登頂ルートが知られているが、最もよく使われるのは最初に使われたルートであり、難易度はイギリス等級{{enlink|Grade (climbing)#British and Irish|en}}でE1 (5b)である。(クラスEは「最難関(Extremely Severe)」であるが、E1その中では最も易しい。)年間登頂回数は20~50回である。
 
==ベースジャンピング==