「松下哲哉」の版間の差分

m
sty using AWB
m (sty using AWB)
 
==人物==
[[大学]]の教育学部への[[進学]]に反対する両親を説得、[[福島大学]][[教育学部]]へ[[入学]]し教育者の道に進む。[[福島大学]][[入学]]とほぼ同時に元[[東京大学]][[教授]]である石河利寛氏に感銘を受け[[運動]][[生理学]]分野に興味を示す。[[福島大学]]1年の時、水中[[写真家]]館石昭氏の[[モルディブ]]での水中[[写真集]]「海のオリビア」で水中[[モデル (職業)|モデル]]に[[指導]]をしたことから第一歩を踏む。その後、水中[[ファッションショー]]の水中モデル(主に海外)や[[シンクロナイズドスイミング]][[選手]]への[[指導]]が本格化し、自身の息こらえの[[研究]]も軌道にのる。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]のJ.レッドフォード[[博士]]より助言を受けながら指導を続ける。独自の息こらえ時間を延長させる方法を開発し、国内では[[オリンピック]]レベルの[[選手]]への指導も行い、[[シンクロナイズドスイミング]]、[[水泳]]以外での[[スポーツ選手]]や親交の深い[[プロ野球選手]]への[[指導]]助言も行っている。海外や国内での[[映画]]の水中シーンにおいて、[[俳優]]や[[女優]]に個別指導も行っている。また[[シンクロナイズドスイミング]]や[[潜水]]、運動生理関係で[[マスコミ]]等の取材を受けることもある。[[インターネット医科大学]]においては、分野は違うが全国から寄せられる相談にも回答している。
 
==業績==
息こらえ時間が練習によって確実に延長することを[[証明]]し、息こらえ時間を伸ばす練習が各[[スポーツ]]において、[[技術]]の上達は別として心肺機能の向上につながるため、楽に[[競技]]を遂行させることができる。また、独自の息こらえ練習方法により短期間に息こらえ時間を飛躍的に伸ばすことに[[成功]]する。特に[[シンクロナイズドスイミング]]選手には有効である。しかし現在では[[シンクロナイズドスイミング]]競技においては、[[潜水]]時間の長短は採点の基準にはなっていない。また、[[自転車]]に乗る事を何年経過しても忘れないのと同じように、1度延長した息こらえ時間は何年たってもそれほど減少しない。また、体型や肺活量と息こらえ時間の[[相関]]関係を調べ[[有意]]な差がないことを[[証明]]する。[[血]]中[[二酸化炭素]][[濃度]]検知[[器官]]を鈍感化させることにより息こらえ時間を延長させる。
 
==主な研究==
26,379

回編集