「張邈」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
「[[董卓]]伝」の引く『漢末名士録』や『[[後漢書]]』の「党錮伝」によると、漢の[[八俊]](八厨)の一人であったとある。若い頃から男伊達で気前がよく、困っている者を救うための散財を惜しまなかった。[[曹操]]や[[袁紹]]と親友のように仲が良かった<ref>袁紹とは、[[許攸]]、[[何顒]]、[[伍瓊]]達と共に「奔走の友」と呼ばれる契りを結び(「袁紹伝」)、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かった。</ref>頭脳の明晰さと徳行で官界に知られるようになった。三公の府に招聘を受け、成績優秀という評価を受け、[[騎都尉]]を務めた後、[[董卓]]の名士優遇策の一環として、陳留郡の太守に任命された(「董卓伝」)。
「[[董卓]]伝」の引く『漢末名士録』や『後漢書』の「党錮伝」によると、漢の[[八俊]](八厨)の一人であったとある。
若い頃から男伊達で気前がよく、[[曹操]]や[[袁紹]]とも親友のように仲が良かった<ref>袁紹とは、[[許攸]]、[[何顒]]、[[伍瓊]]達と共に「奔走の友」と呼ばれる契りを結び(「袁紹伝」)、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かった。</ref>頭脳の明晰さと徳行で官界に知られるようになった。三公の府に招聘を受け、成績優秀という評価を受け、[[騎都尉]]を務めた後、[[董卓]]の名士優遇策の一環として、陳留郡の太守に任命された(「董卓伝」)。
 
袁紹を盟主として董卓を討つ連合軍が結成された時、張邈は、曹操らとともに参戦した<ref>「[[臧洪]]伝」によると、張邈や張超が中心となって盟約を結び、義挙に賛同した諸侯の中から袁紹を盟主として推したとある</ref>。張邈は弟の張超や曹操、[[兗州]][[刺史]]の[[劉岱 (東莱)|劉岱]]、山陽太守の[[袁遺]]、東郡太守の[[橋瑁]]、済北の相[[鮑信]]と共に酸棗に駐屯したが、大半の諸侯は酒宴ばかりで戦をしようとしなかった<ref>当時董卓に仕えていた[[鄭泰]]という人物によると、張邈は勉強ばかりして書斎に閉じこもって座敷をのぞこうともしない人物だという([[鄭渾]]伝が引く『漢紀』、『後漢書』鄭泰伝)。</ref>。曹操が戦をするようよびかけると(武帝紀)、張邈は鮑信と共に曹操の求めに応じ、部下の[[衛茲]]を曹操に同行させた。しかし、曹操達は董卓の派遣した[[徐栄]]に大敗し、衛茲は戦死した。酸棗の軍勢も兵糧が尽きて解散した(「後漢書』)。
 
これ以前、袁紹は、董卓を討つべく集まった諸侯に対して奢ったふるまいを見せた事があった。張邈は袁紹に、己の振る舞いを改めるよう諫めたが、逆に袁紹の怒りを買って殺されそうになった。長安で勃発した政変結果、董卓の部下である[[李カク|李{{lang|zh|傕}}]]達に敗れて落ち延びてきた呂布と張邈は親交を結ぶのだ曹操、それが原因で袁紹の不興を買ってにとりなたため、危。以前に袁紹と呂布とは諍いく難起こし逃れおり、呂布がいる。張邈はこ下に逗留していたのは事を知ると袁紹曹操よって厄介払いされ恩義を感じものが転がり込んでいた為である
 
長安で勃発した政変の結果、董卓の部下である[[李カク|李{{lang|zh|傕}}]]達に敗れて落ち延びてきた呂布は袁紹の下に身を寄せたが、諍いを起こし、袁紹の下から立ち去った。その後、張邈は呂布と親交を結ぶのだが、それが原因で袁紹の不興を買ってしまう。その後、呂布は[[張楊]]の下に身を寄せた。張邈は『いつか、曹操が袁紹との友情を優先して、自分を殺すのではないか』と、曹操に疑念を抱くようになった。
いずれの時も、曹操が袁紹にとりなしたため、危うく難を逃れている。
しかし、張邈は、こうして曹操に命を助けておいてもらいながらも、『いつか、曹操が袁紹との友情を優先して、自分を殺すのではないか』と、曹操に疑念を抱くようになったとも記されている。
 
[[193194年]]、再び曹操は[[徐州]]の[[陶謙]]を攻めるために本拠を留守にした。張邈は、食客として遇していた曹操の部将の[[陳宮]]から、「今こそ曹操の領地を奪う好機」と唆され、また、曹操と不仲だった弟の張超にも諭され、彼らと結託して呂布を迎え入れ、曹操に対し反乱を起こす。
<!--
目上の袁紹との間に立ち、自らの立場を悪くしてまでもとりなしていたように、曹操にとっての張邈は、利害関係を超えた存在であった。曹操は、その張邈に本拠地を任せていた事から、変事が起こるなどとは全く警戒していなかった。
 
張邈の裏切りは、こうした曹操の信頼に対する痛烈なしっぺ返しである。また、曹操自身、張邈と袁紹の間に立たされた事で、袁紹との関係を悪化させていた。これに、呂布の抱えていた旗本、曹操の閣僚の一人でもあった陳宮の裏切り、など、張邈軍の反乱には、有利になる条件が決断した時点で揃っていた。
-->
張邈と呂布は短期間で曹操の本拠地である兗州の大半を占領した。急報を聞きつけ、遠征先の徐州から引き返し、逆襲を期する曹操軍を返り討ちにする事にも成功した。しかし、[[荀彧]]・[[程イク|程昱]]・[[夏侯惇]]・[[棗祗]]らが守る3城を落とせず、曹操の勢力に止めを刺す事は出来なかった。その後、飢饉が勃発し、両者の争いは一時的に中断される。
 
年の[[195年]]には、勢いを盛り返した曹操に敗れ、兗州から撤退。呂布や陳宮らは、陶謙から徐州を譲り受けていた[[劉備]]を頼って落ち延びた。張邈自身は、陳留に居た弟の張超らと分断されていた。張邈は、陳留の一族を救出するため[[袁術]]に援軍を求めに向かう途上、部下の裏切りにあい、殺された。前後して陳留は落ち、張超など張邈の遺族は、曹操の追及を逃れて[[雍丘]]に移った。このころには曹操は[[長安]]の[[天子]]から正式に兗州の牧に任命され(武帝紀)、張邈達は賊の立場に追い込まれていた。
 
翌[[196年]]、雍丘は曹操軍の攻撃によって陥落。張超は焼身自殺し、張邈の三族(父母、兄弟、実子と養子)も、曹操によって皆殺しの刑に処せられた。
1,686

回編集