「ビリーヴド」の版間の差分

== メンバー ==
:'''Tetsu Haramura''' (Vo)
:::ビリーヴドのオリジナルメンバー。結成当初は3ピースだったのでギターヴォーカルであった。発表された作品の作詞の全てを担当している。「[[What the wolf brings]]」までは作曲にも進んで参加していたが、「[[The Spirit Driven By Hate]]」以降は作は参加専念していない。ライヴでの定番曲となっている「AVENGER」は彼を中心に作曲された。BEREAVEDの詞はほぼ彼の手で書かれている
:::マラソンの高橋尚子の熱烈なファンであり、自宅の近くがレースで使われると応援に行くほどである。
:::一度だけライヴに黒のシースルーを着用しやことがある。極一部のファンには受け入れられたがメンバーに大不評であったため封印することとなり、伝説の衣装となった。
 
:'''Nori "tahke" Takenaka''' (Gt)
:::Tetsuの誘いでバンドに加入。
:::「[[Reclaim]]」から現在に至るまで作曲の中心人物である。演奏面ではソロを弾くことよりもバッキングに専念することが多いがソロを担当する曲弾く存在する
:::ギターの相方であるKenは大学時代の後輩である。
 
 
:'''Leo Wakiya''' (Dr)
:::元々は違うジャンルで活動していたが、あるきっかけをもとにBEREAVEDビリーヴドに参加する。初めてメンバーに会った際、その当時はメンバーの髪が腰くらいまであり、見た目が怖くて近づけなかったと後日談で語っている。
:::ライヴではTetsuに代わってMCを取ることがあるが、だいたいTetsuの無茶ブリで振られている。そしてほぼスベる。
:::ドラマーとしてビリーヴド以外にも様々なバンドで演奏している。
 
=== 旧メンバー ===
:::アメリカ人であるがゆえ、体が他のメンバーと比べて飛びぬけて大きく迫力がある。しかしその迫力とは反対にアメリカ人らしい父性があり、酒に酔うと娘の写真をライヴ会場で見せ回り娘自慢をすることがある。
:::日本に住むようになって10年以上経っているが、プライベートで使わないせいかあまり日本語が上手でない。メンバーとの意思疎通は6割[[英語]]、3割[[日本語]]、1割[[ボディーランゲージ]]で行っている。
:::2009年よりARMSのベーシストとして活躍中。
 
== ディスコグラフィー ==
匿名利用者