「林口県」の版間の差分

+歴史
m (ロボットによる 追加: en:Linkou County)
(+歴史)
}}
 
'''林口県'''(りんこう-けん)は[[中華人民共和国]][[黒竜江省]][[牡丹江市]]に位置する[[県]]。黒竜江省東南部の[[老爺嶺]]と[[完達山]]の交わる場所に位置しする。「林」は山林を、「口」は二つの山の交わるところを意味する。県人民政府駐地は林口鎮。
 
==地理==
林口家は黒竜江省東南部の[[老爺嶺]]と[[完達山]]の交わる場所に位置しする。「林」は山林を、「口」は二つの山の交わるところを意味する。
 
==歴史==
林口の地名は[[満州国]]時代の[[1936年]]([[康徳]]3年)、[[図佳線]]が敷設され'''林口駅'''が設置されたことに始まる。その後[[林密線]]が敷設されると鉄道乗換駅としての重要性が高まった。[[1939年]](康徳6年)6月1日、[[勃利県]]、[[密山県]]、[[穆棱県]]の県境地域に'''林口県'''を新設、[[東安省]]の管轄とした。その後[[1943年]](康徳9年)10月に[[東満総省]]、[[1945年]](康徳12年)5月に[[東満省]]に移管された。
 
日本の敗戦と満州国の崩壊により[[中華民国]]の施政権が復活、しかし[[国共内戦]]により[[中国共産党]]の実効支配地域となっていた県域は[[中国共産党革命根拠地|解放区]]が設置され[[1946年]]4月に[[綏寧省]の管轄に置かれた。同年5月、林口県よ牡丹江市[[五河林区]]を統合し[[五林県]]を新設、同年10月には[[牡丹江専区]]に移管されている。[[1947年]]2月、五林県が解体され林口県を再置、[[松江省 (中国共産党)|松江省]]の管轄とされ、[[1954年]]8月には松黒両省の統合に伴い[[黒竜江省]]に移管されている。
 
[[1956年]]3月、[[海林県]]東部が林口県に統合された。[[1957年]]1月、麻山、西大坡両郷は[[鶏西市]]に移管、[[1962年]]10月には海林県か再置されるために当該地区が分離されている。[[1983年]]9月、牡丹江地区が廃止となり地級市の牡丹江市が成立するとその管轄に移管された。
 
==行政区画==
33,542

回編集