「タイロナ」の版間の差分

m
sty using AWB
m (ロボットによる 追加: fr:Tayronas)
m (sty using AWB)
'''タイロナ'''('''Tayronas'''、'''Tairona''')は、[[コロンビア]]北部、グアヒラ(Guajira)半島の基部にあたる海岸を後背にした孤島のような山塊に住んだ人々が築いた南[[アメリカ先住民|米先住民]]の文化である。タイロナ文化の起源については不明な部分が多いが、[[マグダレナ川]]下流のZambrano発展期の文化にその起源を考えるのがもっとも適切に思われる。マグダレナ川下流の[[蔵骨器]]は、タイロナのものとよく似ており、低地マグダレナ(マグダレナ川下流)文化とタイロナの間の移行期にあたるものは、La Meza(ラ・メサ)という文化として知られていて、シエラネバダ<ref>「シエラネバダ(Sierra Nevada、直訳:雪の降ったのこぎりのように連なる山々(雪で白い山脈))」という名前の山脈はスペイン語圏の各地にみられる。これは、コロンビア北部にある小規模な[[シエラネバダ山脈 (コロンビア)|シエラネバダ山脈]]を指し、[[アメリカ合衆国]]の[[シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)|シエラネバダ山脈]]、[[メキシコ]]にある[[シエラネバダ山脈 (メキシコ)|シエラネバダ山脈]]とは別個である。そのほか、[[ベネズエラ]]にも[[シエラネバダ山脈 (ベネズエラ)|シエラネバダ山脈]]、[[スペイン]]にも[[シエラネバダ山脈 (スペイン)|シエラネバダ山脈]]がある。</ref>の南麓に遺跡が点在している。
 
タイロナの国家が衰退し始めたのは、[[1528年]]のロドリゴ・デ・バスティダス(Rodrigo de Bastidas)の到着が契機であった。そして[[1550年]]に80%80%の人々がいなくなって、のこり20%20%の人々は、より標高の高い山地へ逃れていった。混血していく人々もいた。山地に残った人々は、コギ<ref>Kogi,Cogui,Koguiなどと表記される。</ref>、イカ(Ika)、サンカ(Sanká)という部族として生き残っている。
 
== 「町」と耕地の様子 ==
考古遺跡として残ったPueblitoの遺跡は、タイロナの「重要な街」である。Pueblitoは、3000軒ほどの家々が軒を連ね、そのほかには、宮殿や神殿として建てられたすばらしい建築物があった。「街」を通る大通りは、平石で舗装され、すべての集落が石敷きの道路で結ばれていた。「街」の中を流れる小川には、平石で造られた橋がかけられた。[[考古学]]的な調査ではひとつずつの家の丸い輪郭が土台のみの形で発見される。平石が円形に並べられ側面には造り出しのように並べられ、平石の端が平石に接するように順番に並べられる。それらの円形ないし環状の家には対称的な位置に出入口が設けられている。出入口は、平石を並べてわかるようになっている。調理用の[[土器]]や斧や石のすり皿、石棒などの道具は家屋の床面から発見される。
 
また、しばしばそれらの家は、低い基壇の上に基礎をもって建てられているか、丘陵のわきをテラス状にして建てられている。直径20m20mほどの家もある。このような家屋の内部には火を使用した痕跡が見られる。壁と屋根は木を用いてるか茅葺であったと思われる。壁は粘土と小石を混ぜ込んでつくられ、表面には水で[[石灰]]を溶かして塗っていた。神殿や特別な建物は、平石の基壇の上に木造で建てられていたのは一般の家屋と同じであったが、通常より高い基壇の上に建てられ、石造りの階段がつけられ、一般の家屋より大きな建物であった。男たちや若者が集会を行なったり、学識ゆたかな賢者がおとづれるのを迎える建物や神聖な儀礼を行なう建物も同じように大きく造られた。木も生えないような高地の家を捨てて下ってくる人々が街をおとづれて、神々の言葉を伝えたり、若者たちにタイロナの国家の伝統を教えたりしたといわれている。
 
タイロナの人々は、自分たちの住む「町」をより大きくすることを計画し、建設活動に用いる木材の切り出しを組織的に行い、雨水が効率的にあつめる[[運河]]や貯水槽を造って都市と耕地に供給した。テラス農耕のシステムの遺構は、経年劣化によって亀裂が起こったり侵食されたりすることを防ぐよう設計されていた。
死者の遺体は、家屋の外に蔵骨器に納められるのが一般的であるが、石で囲んで家屋の床下に埋葬されることもあった。供物として埋納遺構(Cache)に用いられる土器は「宝のつぼ("Treasure Jar")」と呼ばれる土器や蓋付きの土器であって、床下に埋められ丸石やビーズが中に入っていることもあった。
 
もっとも一般的なタイロナの土器は調理用の赤い土器と家財道具としての黒色磨研土器である。黒色磨研土器は動物、人間、神、悪魔などの生き物の形をしており、さらにさまざまな形をしている。中には脚付きの[[壺]]やバスケットのような釣手のついた皿、蓋のついた円筒形の[[甕]]、鐙形の注口をもった壺(cf.[[鐙型注口土器]])、動物をかたどった球根状の空洞の脚を持った四脚土器、そういった土器が二次埋葬の遺体が納められた蔵骨器とともに死者の副葬品として多量に埋葬された。また、翼の形をしてよく表面を磨いている石製ペンダントと鋳造された金のペンダントもそのほかの副葬品とともにみられる。またタイロナ文化には、[[メソアメリカ]]に由来すると思われる多くの要素がみられる。儀礼に用いられる埋納遺構(Cache)、[[トラロック]]のように舌を突き出した存在を表現した土器、土偶やヘビやジャガーの両あごの中に人間の顔が表現されたオカリナ、そのほかメソアメリカに由来するものとして現在もタイロナの末裔として山地に生き残っているコギ族が9を神聖な数とし、4つの顔を持つ神、世界を4色に色分けすることなどの観念をみると強い影響があったと考えられる。それらは、[[形成期]]かそれより早い段階の核アメリカの文化的遺産に由来すると考えられるが、実際のところは、タイロナと同じ時期の後古典期のメソアメリカの影響と考えられる。ライヘル・ドルマトフは、そのようなメソアメリカのイデオロギーは、[[カリブ海]]を経由してコロンビアの北部に直接もたらされたと考えている。
 
== 祭りや神話伝承 ==
26,379

回編集