「共産主義革命」の版間の差分

m
民主党 (1996-)|民主党
m (項目名)
m (民主党 (1996-)|民主党)
 1989年(平成元年)の[[東西ドイツ統一]]、また旧[[ソビエト連邦]]の崩壊後、[[カール・マルクス]]及び[[レーニン]]に始まった[[共産主義]]の歴史は一応の終息を見、[[資本主義]]の完全勝利はいよいよ時間の問題とされるようになった。それをアメリカの経済社会学者[[フランシス・フクヤマ]]は”歴史の終わり”と称し、批評している。
 しかしながら、共産主義国家等は国際政治・経済におけるその思想的影響力を失ったものの依然として存続しており、とりわけ[[中華人民共和国]](中国あるいは中共)は一部において資本経済を導入しているものの共産党による支配であることに変わりはない。また、[[朝鮮民主主義人民共和国]]([[北朝鮮]]あるいは[[北韓]])は依然国際政治における現実的脅威である。
 そんな中、[[日本共産党]]は2003年(平成15年)党綱領を改定し「共産主義([[プロレタリアート]])革命を目指す」という条項を撤廃。また、天皇・皇室を日本国の代表的存在として容認する旨表明した。その日本共産党綱領の改定は[[岡田克也]]新代表を選出した[[民主党 (1996-)|民主党]]代表選挙などの蔭に隠れた形となってあまり注目されなかった一件であったが、長年の党改革の末の事後的な条文の改定とはいえ日本共産党が共産主義革命を完全に否定したことは日本史上画期的な出来事であったといえる。2005年(平成17年)には[[不破哲三]]議長自ら今後の共産主義革命勃発の可能性への危惧を語るなど、日本における共産主義界は大きな変化を遂げた昨今である。
 
 しかしながら、なお残る経済社会学的問題は存在する。