「ウィーン体制」の版間の差分

編集の要約なし
'''ウィーン体制'''('''Vienna system''', '''Vienna Settlement''')は、[[ウィーン会議]]以後の[[ヨーロッパ]]世界の体制。[[クリミア戦争]]によって完全に崩壊するまで続く国際的[[反動体制]]。
 
[[フランス]][[外相]][[タレーラン・ペリゴール]]の[[正統主義]]を基に、[[フランス革命]]以前の状態を復活させ、大国の[[勢力均衡]]を図った。[[神聖同盟]]・[[四国同盟]]を中心に、[[自由主義]]・[[国民主義]]運動を抑圧。
 
一方で、その基本理念はヨーロッパの協調にあり、国家間の諸問題の解決に外交努力を惜しまなかったことから歴史的にみても比較的長期の安定を欧州にもたらしていた。
 
しかし、[[産業革命]]による市民生活の発展や大国間の利害関係の複雑化などから次第に枠組みが揺らぎ始め、[[1848年革命]]後に大国の被支配地域を中心にナショナリズムが先鋭化すると、体制を支えていた同盟国同士が自国の利益のみを追求するようになり、結局[[クリミア戦争]]を回避することができず崩壊した。
 
==[[ウィーン議定書]]における領土変更==
 
*[[ノルウェー]]:[[スウェーデン]]と[[同君連合]]になる。
 
*[[フィンランド]]・[[ベッサラビア]]:[[ロシア帝国]]領になる。
 
*[[ポーランド立憲王国]]:[[ワルシャワ大公国]]の大部分で形成。ロシア[[皇帝]]が王を兼ね、事実上のロシア領となる。('''第四次ポーランド分割''')
 
*[[セイロン島]]([[スリランカ]]):[[イギリス]]が[[オランダ]]より獲得。
 
*[[ケープ]]植民地:イギリスがオランダより獲得。
 
*[[マルタ島]]:イギリス領になる。
 
*[[ロンバルディア]]・[[ヴェネツィア共和国|ヴェネツィア]]:[[オーストリア]]領になった。
 
*[[オランダ王国]]:[[オーストリア]]領南[[ネーデルラント]]([[1830年]]、独立し[[ベルギー]]成立)を併合し復活。
 
*[[ドイツ連邦]]:[[ライン同盟]]を廃止。35の君主国と4自由市で構成した[[国家連合]]。オーストリアが盟主。[[1866年]]まで存続。
 
*[[ジェノヴァ共和国|ジェノヴァ]]:[[サルデーニャ王国]]領となる。 
 
*[[スイス]]:5州を加え[[永世中立国]]として承認された。
 
*[[セネガル]]:[[フランス]]の植民地となる。
 
[[Category:19世紀のヨーロッパ史|ういんたいせい]]
[[Category:ウィーン|ういんたいせい]]
 
[[en:Vienna system]]
[[en:Vienna Settlement]]
匿名利用者