「江川卓 (ロシア文学者)」の版間の差分

*芸術と社会生活 [[ゲオルギー・プレハーノフ]] 蔵原惟人共訳 岩波文庫、1965
*ニーナの日記 [[ニーナ・コステリナ]] 集英社 1965
*ドストエフスキー『[[罪と罰]]』(旺文社文庫、1966-67、のち[[岩波文庫]]全3巻、1999年-2000年、ワイド版もある
*ドストエフスキー『[[カラマーゾフの兄弟]]』(集英社版世界文学全集45,46、1979年)
*ドストエフスキー『[[地下室の手記]]』(新潮世界文学、1968、のち新潮文庫全2巻、1969年 新潮社全集
*ドストエフスキー『[[悪霊 (ドストエフスキー)|悪霊]]』(新潮文庫全2巻、1971年、新潮社全集)
*[[スヴェトラーナ・アリルーエワ]]『スベトラーナ回想録――父スターリンの国を逃れて』(新潮社、1967年)
*ソルジェニーツィン『クレムリンへの手紙』(新潮社、1974年)
*ソルジェニーツィン『チューリヒのレーニン』(新潮社、1977年)
*[[ボリス・パステルナーク|パステルナーク]]『[[ドクトル・ジバゴ]]』(1980年、時事新報社、1989年[ 新潮文庫] 上・下)
*ソ連潜水艦U137 人工地震エンマ作戦 [[エドワード・トーポリ|E.トーポリ]] 中央公論社、、1984
*その時、その所 [[ユーリー・トリーフォノフ]] [[吉岡ゆき]]共訳 群像社 1987
匿名利用者