「株式交換」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''株式交換'''(かぶしきこうかん、英 stock deal)は、[[会社法]]の用語の一つで、株式会社がその発行済株式の全部を他の株式会社又は合同会社に取得させること。結果として、その株式会社は他の株式会社又は合同会社の完全子会社(100%子会社)となる。つまり結果として、2つの既存の会社を一度に完全親子会社関係にしてしまうする組織再編に係る手続である。り、通常の言葉「交換」語義を超えた味とは全く異な義を有す会社法独自の用語なので注意が必要概念である。
 
==概要==
 
この手法を使う主な目的として、「会社の[[持株会社]]化」「他企業の買収」の二つがあげられる。
 
== 手続 ==
以下の手続きをすべて要する。
 
既存株主の構成を変えないために、または事前に子会社株が買い占められて突然親会社の大株主になる者が現れる可能性などを考慮してか、最近では金銭を対価とする株式交換の事例も増えている。
 
==会計==
完全親会社のほうでのみ、仕訳が必要となる。借方は「子会社株式」、貸方は「資本金」と資本準備金とその他資本剰余金となる。
69

回編集