「大勲位菊花大綬章」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Grand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum Official Photo.JPG|thumb|300px|大勲位菊花大綬章]]
 
'''大勲位菊花大綬章'''(だいくんいきっかだいじゅしょう、Grand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum)は、日本に於ける最高勲章である菊花章に属する[[勲章 (日本)|日本の勲章]]の一つ。[[1876年]]([[明治]]9年)12月27日に制定され、最高位である[[大勲位菊花章頸飾]]に次ぐ勲章である。[[2003年]]([[平成]]15年)11月3日に改正され、現在の制度に至る。
 
==概要==
{{日本の勲章}}
[[1876年]]([[明治]]9年)12月27日、日本国に於ける最高勲章として、旭日章に次いで明治時代に制定された勲章。英国の[[ガーター勲章]]やスウェーデンの[[セラファン勲章]]など、当時[[王室]]を持っていた国家の多くが普通勲章の上に制定していた最高勲章の類に倣い制定されたものである。[[旭日大綬章]]または[[瑞宝大綬章]]を授与するに値する以上の功労のある者に与えられる上位勲章として[[桐花大綬章]](旧称は[[勲一等旭日桐花大綬章]])が制定されているが、大勲位菊花章は更にその上位に位置する。大日本帝国憲法時代の[[宮中席次]]では、大勲位帯勲者は首相や[[元老]]をも上回る序列第一類に属し、[[大勲位菊花章頸飾]]受勲者に次ぐ第二位であった。[[2003年]]([[平成]]15年)11月3日に行われた栄典制度改正後も、以前と変わらず日本国に於ける最高勲章の一つとして運用されている。
 
==意匠==
{{日本の勲章}}
章のデザインは、[[国旗]]である「[[日本の国旗|日の丸]]」を象徴する赤色[[七宝]]の日章を中心に、光線(旭光)放射状にが伸びるといった、旭日章をおおよそ踏襲した物であるが、上下斜めの八方向に旭光が伸びる旭日章に対して、菊花章の旭光は縦横の四方向のみである。また全ての旭光部分には白色[[七宝]]で彩色が施されている。この四方に伸びた旭光を囲むように、黄色と緑色の七宝で彩色された[[キク|菊花]]と菊葉がそれぞれが配されており、全体的なシルエットは円形に近い。鈕(「ちゅう」。章と綬の間にある金具)は菊花を象っている。正章・副章を含めて全ての地金は純銀で、正章は全体が金鍍金で仕上げられている。副章もほぼ同様の意匠であるが、中心部の旭光には、四方に伸びる外側の旭光に加え、内側に旭日大綬章の副章と同様の八方向に伸びる旭光が重ねられている。章の大きさは、正章の直径は76mm、副章の直径は91mm。旭日章と同様に、正章は表面同様の刻印と七宝が施されている。
 
 
==大日本帝国憲法時代の受章者==
 
'''皇族・王公族'''
 
{|class="wikitable" width="100%"
|-
!氏名!!主な役職!!受章年月日!!備考
|-
|[[明治天皇|睦仁]] [[明治天皇|睦人]]||||1876年(明治9年)12月27日||勲章制定に伴い自ら佩用
|-
|[[有栖川宮熾仁親王]]||[[皇族]]||1877年(明治10年)11月2日||
|-
|[[小松宮彰仁親王]]||皇族||1882年(明治15年)12月7日||
|}
 
'''[[大日本帝国憲法]]が施行されていた時代には、臣民では次以下75政治家・軍人が受章している。
{|class="wikitable" width="100%"
|-
|}
 
'''[[日本国憲法]]施行後に於いて次の21人の臣間出身者では以下が受章された(ただ外国人受章者(元首級)を除く) 皇族と[[田中耕太郎]]以外は全て[[内閣総理大臣]]任者である。(ただし外国人受章者(元首級)を除く)
 
{|class="wikitable" width="100%"
匿名利用者