「桐花章」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers Official Photo.JPG|thumb|300px|桐花大綬章(勲一等旭日桐花大綬章)]]{{日本の勲章}}
'''桐花大綬章'''(とうかだいじゅしょう)は、[[日本|日本国]]の[[勲章]]の一つ。1888年(明治21年)1月4日に[[旭日章]]の最上位として追加制定された。日本に於ける高位勲章の一つ。[[2003年]](平成15年)[[11月3日]]から勲一等旭日桐花大綬章は、[[旭日章|旭日大綬章]]及び[[瑞宝章|瑞宝大綬章]]を授与されるべき者のうち功績又は長年にわたる功労が特に優れているものに授与される勲章とし、名称を[[桐花章|桐花大綬章]]([[勲等]]は廃止)に改めた。勲章の形容は変わらないが「旭日桐花大綬章」ではなくなり、[[旭日章]]とは別個の「桐花章」という勲章に分類が成された。 
 
<cite>旧制度の勲章については[[旭日章]]及び[[勲一等旭日桐花大綬章]]を参照</cite>
 
==''概要''==
[[1875年]](明治8年)4月10日に、日本で最初の勲章として、[[旭日章]]が制定。それに遅れること約13年の[[1888年]](明治21年)に、[[勲一等旭日大綬章]]のさらに上位として勲[[一等旭日桐花大綬章]]が追加制定された。これが現在の桐花章の前身である。
 
 
==意匠==
 
{{日本の勲章}}
不透明赤色の七宝を用いた八条の旭光をベースに、四方に白色七宝が施された旭光が伸びている。この外方へ伸びた旭光の間を紫の七宝で彩られた桐花が輪をつなぐように配され、非常に繊細かつ美しいデザインの勲章である。紐(章と綬をつなぐ金具)は五七の桐紋をかたどり、裏面には「勲功旌章」の文字が刻まれる。大綬は106mm幅で、赤の織地の両縁を白の双線が縁取るデザインとなっている。ただし外側にはほんの僅かに細く赤の織り地が残されている。勲章は大綬を持って右肩から左脇に垂れ、左胸に副章を佩用する。
 
|}
 
== 脚注 ==
<references />
===補注===
*勲記(叙勲内容を記載した賞状)とともに授与されその内容は官報の叙勲の項に掲載されるが、外国元首等へ儀礼的に贈る場合は必ずしも官報への掲載は行われない。<br>
*皇族は受章当時の名・身位を[[官報]]掲載どおりに記載(括弧内に現在の宮号等を参考付記)<br>
*官報で皇族を掲載する場合は、皇太子と皇太子妃を除き、宮号(秋篠宮など)・称号(浩宮など)は一切冠されない。叙勲でも同様 
 
===注釈= 参考文献 ==
<references />
 
=== 参考文献 ===
* 総理府賞勲局監修 『勲章』 毎日新聞社 昭和51年 ISBN 0672-651087-7940
* 佐藤正紀 著 『勲章と褒賞』 社団法人時事画報社 2007年12月10日 ISBN 978-4-915208-22-5
匿名利用者