「レッド・ツェッペリン II」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ro:Led Zeppelin II)
 
== 影響と評価 ==
上述の通り「レッド・ツェッペリン II」は極めて過酷な環境の中で慌ただしく録音された。しかし過酷な環境はむしろメンバーに高揚感を生じたものらしく、アルバム収録全曲が皆、異常なまでに鋭角的攻撃的な仕上がりとなっているこのアルバムの力で「レッド・ツェッペリン」イコール「大音響のヘヴィ・ロック」という図式が聴衆に浸透したのも、このアルバムの力によるものだといえようとりわけA-1「胸いっぱいの愛」は短縮版が[[シングル]]・|シングルカット]]され大ヒットし、ビルボードのチャートで4位まで上る大ヒットとなり、この曲で使われ省略コードの連打によるツェッペフ作り」という技法が、後に多くえば胸いっぱい[[ヘヴィメタル|ヘヴィ・メタル]]・バンドに模倣されたこ愛」もあって、っそレッド・ツェッペリンのイメージを拘束することとなができあがった。のイメージから脱却するため、レッド・ツェッペリンは次作「[[レッド・ツェッペリン III]]」においてでは大き路線転換を図ることとなるのであるった
 
「胸いっぱいの愛」で使われた「一度と五度のみ(三度省略コード)の連打リフ」は後に多くの[[ハードロック]]、[[ヘヴィメタル|ヘヴィ・メタル]]のバンドに模倣され、ロックの基本バッキングフレーズとなった。
 
==注==
426

回編集