「方丈」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
方丈は簡単に構築でき、また簡単に解体する事ができたため、[[僧侶]]や隠遁者に愛用された。[[鴨長明]]の『[[方丈記]]』は、方丈の庵で書かれたことによる題名である。
 
また、『[[維摩経]]』に書かれているように、[[維摩詰]]の方丈を訪れた[[文殊菩薩]]とその一行が、その狭い空間に全員収容できたという逸話から、[[仏教]]においては方丈に全宇宙が内在しているという考え方がされ、そこから寺院の[[住職]]が生活する建物を、特に方丈と呼ぶようになった。[[室町時代]]中期以降は[[仏像]]や祖師像が安置されるようになり、本堂の役割を担う建物とされた
 
==関連項目==
*[[方丈記]]([[鴨長明]]による[[随筆]])
*[[方壺]]のこと。方丈は[[蓬萊]]、[[瀛洲]]に並んで仙境・神山とされる。
 
[[Category:寺院建築|ほうしよう]]
[[Category:面積の単位|ほうしよう]]
{{Buddhism-stub}}
匿名利用者