「ルイ=ラザール・オッシュ」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: ru:Гош, Луи Лазар)
その後、西部方面軍への転任を受けて[[ヴァンデの反乱]]鎮圧に派遣された。赴任すると寛容政策を取りヴァンデ反乱軍を瓦解に追い込んだ。1795年6月15日、[[イギリス]]の支援 で王党派部隊が[[キブロン]]に上陸すると、これを撃退して大半を捕虜にした。1796年7月までにヴァンデ地方の平定を宣言。
 
同年、[[アイルランド]]遠征軍司令官に任命される。12月にブレスト港を出港するが暴風雨のために艦隊が散り散りになり失敗に終った。 翌1797年2月、軍司令官に就任するとオーストリア軍を撃破して幾つか戦勝を収める。議会での王党派勢力拡張に危機感を持って、軍隊を派遣してパリを包囲。 戦争大臣への就任を要請されるが、短期間務めたあと総裁[[ポール・バラス]]の腐敗に抗議して辞職し、軍隊に戻るが体調を崩して1797年、30歳で戦地ヴェツラーで病死(毒殺説もある)した。ナポレオンの同僚にしてライバルでもあり、「戦争の達人」(ナポレオン)と評される
 
== 関連作品 ==
匿名利用者