「高熲」の版間の差分

m
[[581年]]([[開皇]]元年)、隋が建国されると、高熲は[[僕射|尚書左僕射]]・[[侍中|納言]]となり、渤海郡公に改封され、しばらくして左衛大将軍を加えられた。新都大監を兼ねて大興城の建設を司り、制度の多くは彼によって出された。さらに左領軍大将軍を加えられた。母の死により職を去るが、詔勅によりすぐ呼び戻された。
 
[[582年]]、長孫覧・元景山らを指揮して南朝の[[陳 (南朝)|陳]]をつが、陳の[[宣帝 (陳)|宣帝]]が死去したため、喪中にある敵を攻撃することは非礼であるとし、兵を撤退させた。文帝に陳攻略の策を問われると、江南の収穫期に攻撃する振りを繰り替えして敵を疲労させ、さらに攻撃の振りを繰り返すことによって相手を油断させること、また密かに工作員を派遣して糧食の備蓄を焼き討ちすることを進言した。文帝がこの策を実行すると、陳の財力は大きく疲弊した。[[588年]]、晋王・楊広(後の煬帝)を総大将として陳討伐平定の兵が起こると、高熲は元帥長史として楊広を補佐し、全軍の指示はすべて彼の判断に任された。翌[[589年]]、陳の首都である[[建康 (都城)|建康]]陥落させ、皇帝の[[後主 (陳)|後主]]捕らえられ、陳ぼすことに成功した。功績により上柱国に進み、斉国公に爵位を上げられた。この時、楊広は後主の寵姫である張麗華を自分のもとに納めさせようとしたが、高熲は「([[周]]の)[[武王 (周)|武王]]は[[殷]]を滅ぼすと、[[妲己]]を殺しました。いま陳を平定し、張麗華を手に入れるわけにはいきません」と言い、兵に命じて張麗華を斬らせた。このことから楊広は高熲を憎むようになった。
 
高熲は文武に大略があって政務に通達し、[[蘇威]]・[[楊素]]・[[賀若弼]]・[[韓擒虎]]ら多くの優れた人材を推挙し、彼らの才能を尽くさせた。文帝の信任も厚く、20年近く宰相の地位にあって、朝野すべてが信服し、異議を唱えるものはなかったという。文帝の治世が栄えたのは高熲の力によるものであった。
 
文帝の皇后である[[独孤皇后]](独孤信の娘)は嫉妬深い性格で、夫の文帝がほかの女性を寵愛することを許さなかった。ある時、文帝が尉遅迥の孫娘を仁寿宮で寵愛していることを知ると、皇后はこの娘を密かに殺させた。文帝は怒り、単騎で宮殿を飛び出して山谷の間に入った。高熲は楊素とともに文帝を追いかけ、「陛下は一婦人のために天下を軽んじられますな」と言って諫めた。これを聞いた文帝は少し気が収まり、夜中に宮殿に帰還した。これより以前、独孤皇后は高熲の父が父・独孤信の家来だったこともあり礼遇していた。しかし高熲が皇后を「一婦人」と言ったことを知ると、高熲を怨むようになったという。
456

回編集