「ATP合成酵素」の版間の差分

m
→‎ATP合成酵素の反応: リンク変更(プロトン→水素イオン)
m (ロボットによる 追加: simple:ATP synthase)
m (→‎ATP合成酵素の反応: リンク変更(プロトン→水素イオン))
F<sub>1</sub> 部位ではATPの合成および消費を両方向触媒することが可能である。
 
一方、F<sub>o</sub>部位は[[水素イオン|プロトン]]を透過させる機能があり、以下の式で表される。
 
:H<sup>+</sup>in <math>\overrightarrow\longleftarrow</math> H<sup>+</sup>out
4,765

回編集