「吏読」の版間の差分

m
sty using AWB
m (sty using AWB)
'''吏読'''(りとう、{{lang|ko|이두}}(イドゥ)、[[朝鮮民主主義人民共和国]]では{{lang|ko|리두}})とは、[[漢字]]による[[朝鮮語]]の表記方法の1つである。「吏書」、「吏道」、「吏刀」、「吏吐」などとも呼ばれる。[[三国時代 (朝鮮半島)|三国時代]]に始まり、19世紀末まで用いられた。[[古代朝鮮語]]の資料の1つに数えられる。
 
==概要==
26,379

回編集