メインメニューを開く

差分

+cat,links
'''イェレミアス・リヒター'''('''Jeremias Benjamin Richter''',[[1762年]][[3月10日]] – [[1807年]][[4月14日]])は[[ドイツ]]の[[化学者]]である。[[]][[塩基]][[中和]]される時、その酸と塩基の量の比が一定であることを見出した。[[ジョセフ・プルースト]]が[[定比例の法則]]を主張する前に同様の法則を公表していた化学者の一人である。
 
[[シレジア]]地方(現ポーランド領)の[[ヒルシュベルク]]に生まれた。[[1974年]]に[[ヴロツワフ]]で鉱山局の役人になり、[[1800年]][[ベルリン]]の鉱山局と王立製陶所の役人になり、ベルリンで死んだ。
 
リヒターの業績は化学に定量的な手法を導入したことである。[[1972年]][[酸化マグネシウム]]を中和するのに必要な[[硫酸]]の量の比率が一定であることを示した。リヒターの結果はDer Stochiometrie oder Messkunst chemischer Elemente ('化学量または化学物質の測定技術’:1792-1794)、Fiber die neueren Gegenstnde in der Chemie (1792-1802)などに発表した。ジョセフ・プルーストが[[定比例の法則]]をしめすのは[[1990年代]]の後半である。
 
[[categoryCategory:化学者|りひたあ いえれみあす]]
[[Category:ドイツの学者|りひたあ いえれみあす]]
{{生没年|りひたあ いえれみあす|1762年|1807年}}
 
3,769

回編集