メインメニューを開く

差分

欧州石炭鉄鋼共同体

60 バイト追加, 9 年前
m
ロボットによる 変更: pt:Comunidade Europeia do Carvão e do Aço; 細部の編集
|sv=Europeiska kol- och stålgemenskapen}}
|-
| style="width:50%" | [[Fileファイル:Flag of the European Coal and Steel Community 6 Star Version.svg|border|center|125px]] || [[Fileファイル:Flag of the European Coal and Steel Community 12 Star Version.svg|border|center|125px]]
|- style="border-bottom:1px solid #aaa; font-size:90%"
| style="width:50%" | 設立時 || 消滅時
|-
| style="width:50%" | [[Fileファイル:ECSC52.png|border|center|150px]] || [[Fileファイル:EU1976-1995.svg|border|center|150px]]
|- style="border-bottom:1px solid #aaa; font-size:90%"
| style="width:50%" | 原加盟国 <sup>&dagger;</sup> || 消滅時の加盟国 <sup>&dagger;&dagger;††</sup>
|- style="border-bottom:1px solid #aaa"
| style="vertical-align:middle" | 拠点都市 || [[ルクセンブルク (都市)|ルクセンブルク]] <br />[[ストラスブール]] <br />[[ブリュッセル]]
| style="vertical-align:middle" | 公用語 || {{Hidden|[[欧州連合の言語#EUの公用語|11言語(消滅時)]]|[[デンマーク語]]<br />[[オランダ語]]<br />[[英語]]<br />[[フィンランド語]]<br />[[フランス語]]<br />[[ドイツ語]]<br />[[ギリシア語]]<br />[[イタリア語]]<br />[[ポルトガル語]]<br />[[スペイン語]]<br />[[スウェーデン語]]}}
|- style="text-align:left; font-size:90%"
| colspan="2" |<sup>&dagger;</sup> アルジェリアは欧州石炭鉄鋼共同体設立当時、フランスの支配下にあった。<br /><sup>&dagger;&dagger;††</sup> 旧東ドイツは再統一時に旧西ドイツに編入された。
|}
 
 
=== 政治的圧力 ===
西ドイツではヨーロッパの労働組合や社会主義者の支持を受けているにもかかわらず、[[ドイツ社会民主党|社会民主党]]がシューマンの構想に反対することを決定した。フランスや資本主義、[[コンラート・アデナウアー]]に対する個人的な不信感とは別に[[クルト・シューマッハー]]は、「6か国による小ヨーロッパ」という統合の概念は社会民主党の党是である[[ドイツ再統一]]を覆すもので、西側諸国の[[ファシズム|アルトラナショナリズム]]や共産主義の動きを強めるものだと主張した。またシューマッハーは、欧州石炭鉄鋼共同体では鉄鋼産業の国有化が不可能となり、「[[カルテル]]、聖職者、保守派」のヨーロッパが独占することになると考えていた<ref>{{Cite book |last=Orlow |first=Dietrich |title=Common Destiny: A Comparative History of the Dutch, French, and German Social Democratic Parties, 1945-1969 |origyear=2000 |origmonth=March |publisherBerghahn Books |location=Oxford |language=English |id=ISBN 978-15718122541-57181-225-4}}</ref>。
 
フランスでは、[[シャルル・ド・ゴール]]がかねてより経済圏の「連携」を支持しており、また1945年には[[ルール地方]]の資源開発を行う「ヨーロッパの同盟」について語っていた。ところがド・ゴールは欧州石炭鉄鋼共同体について、「見せかけの共有」 ''"le pool, ce faux semblant"'' と表現している。ド・ゴールは、欧州石炭鉄鋼共同体がヨーロッパの統合においては不十分な「断片的なアプローチ」であり、また共同体におけるフランス政府の優位性があまりにも弱すぎると考えていたのである<ref name="Chopra1974">{{Cite book |last=Chopra |first=Hardev Singh |title=De Gaulle and European Unity |origyear=1974 |publisher=Abhinav Publications |location=New Delhi |language=English |id=ISBN 978-817017012981-7017-012-9}}</ref>。また議員総会がヨーロッパ市民の選挙で選ばれていないことからスープラナショナル機関として欧州石炭鉄鋼共同体は不完全なものであるとも考え、欧州石炭鉄鋼共同体の設立は[[アメリカ合衆国|アメリカ]]主導の経済復興からの脱却であるという[[レイモン・アロン]]の主張を受け入れなかった。このような状況でド・ゴール率いる[[フランス国民連合]]はパリ条約批准承認にあたって、[[国民議会 (フランス)|国民議会]]で反対にまわった<ref name="Chopra1974"/>。
 
このような反対勢力があったものの、欧州石炭鉄鋼共同体は設立されることになった。
 
=== 最高機関 ===
[[Fileファイル:Luxembourg0080.JPG|thumb|right|300px|ルクセンブルク国立貯蓄銀行本館<br /><small>欧州石炭鉄鋼共同体最高機関の本部が置かれていた。</small>]]
[[欧州委員会]]の前身である最高機関は9人で構成され、共同体の運営にあたる執行機関である。フランス、西ドイツ、イタリアから2人ずつが、ベネルクスから1人ずつが委員に任命された。委員に任命された9人は自らの中から1人を[[欧州委員会委員長|委員長]]に指名する<ref name="ENA TEEC"/>。
 
 
== 参考文献 ==
* {{cite book|last=Grin|first=Gilles|origdate=2003-10-29|title=The Battle of the Single European Market: Achievements and Economic Thought, 1945-2000|publisher=Kegan Paul|location=London|series=European Studies Series|language=English|id=ISBN 978-07103093890-7103-0938-9}}
* {{cite book|last=Hitchcock|first=William I.|origdate=1998-10-31|title=France Restored: Cold War Diplomacy and the Quest for Leadership in Europe, 1944-1954 (New Cold War History)|publisher=University of North Carolina Press|location=Chapel Hill, NC|language=English|id=ISBN 978-08078474730-8078-4747-3}}
* {{cite book|last=Maas|first=Willem|origdate=2007-02-28|title=Creating European Citizens (Europe Today)|publisher=Rowman & Littlefield Publishers|location=Lanham, MD|language=English|id=ISBN 978-07425548560-7425-5485-6}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.ena.lu/?lang=2&doc=3618 The institutions of the European Coal and Steel Community] - European NAvigator (英語ほか4言語、要Flash Player)
* [http://www.american.edu/ted/ice/saar.htm France, Germany and the Struggle for the War-making Natural Resources of the Rhineland] - アメリカン大学国際関係学部 (英語)
* [http://www.trumanlibrary.org/whistlestop/study_collections/marshall/large/documents/index.php?pagenumber=1&documentdate=1947-03-24&documentid=37&studycollectionid=mp&nav=ok Ruhr Delegation of the United States of America, Council of Foreign Ministers American Embassy Moscow, March 24, 1947] - Harry S. Truman Presidential Library and Museum(英語)
 
[[categoryCategory:欧州連合|*せきたんてつこうきようとうたい]]
 
[[bg:Европейска общност за въглища и стомана]]
[[oc:Comunautat Europèa del Carbon e de l'Acièr]]
[[pl:Europejska Wspólnota Węgla i Stali]]
[[pt:Comunidade Europeia do Carvão e do Aço]]
[[pt:CECA]]
[[ro:Comunitatea Europeană a Cărbunelui şi Oţelului]]
[[ru:Европейское объединение угля и стали]]
247,585

回編集