「アメリカ合衆国ドル」の版間の差分

m
(→‎関連項目:  関連項目に、準備通貨、ドル流通量、を追加)
の6種類である。なお、シルバーダラーというのは1ドル銀貨の呼称で、現在の1ドル硬貨の呼称ではない。
 
セント硬貨については、主に25セント以下のものが多く使われており、特に[[公衆電話]]や[[新聞]]などの[[自動販売機]]、パーキングメーター、バスの運賃箱、カジノ場のスロットマシン、有料道路や駐車場の無人料金所などに25セント硬貨を複数枚投入するものが多いためか、とりわけ硬貨の中でも25セント硬貨の流通量が非常に多い。そのため、アメリカを旅行で生活する際は、25セント硬貨の手持ちが少ないと不便を強いられる場合が多い。
 
日本などように10、50、100、500などを硬貨の系列と異な区切とする感覚からは、10セントの上25セントなのは中途半端に感じるかしれない思えるが、10セントと25セントる方がは、10セントと50セントの組せよりも多くの金額に対応可能であり、慣れれば意外と便利なものである。
 
かつてはハーフセント、2セント、3セント、20セントのコインが存在した。ダイム(ハーフダイム)以上は元々銀貨であった。現在は白銅張りの銅貨に変わっているが大きさは変更されておらず、このため、5セント(ニッケル)硬貨の方が10セント(ダイム)硬貨より大きくなっている。造幣局はフィラデルフィア、[[デンバー (コロラド州)|デンバー]]、サンフランシスコにあり、硬貨表面または裏面に製造所を表すP、D、Sの鋳造刻印([[ミントマーク]])が打たれている物が多い。
69

回編集