メインメニューを開く

差分

: たかしの幼なじみ。ちよこが営む古本屋・やな書房の向かいで実家のクリーニング屋「やすこちゃん」を代替わりで営んでいる。家事・家業ともすべて夫のひろし任せで、しょっちゅう矢名家に入り浸っており、昼食とお茶はおおむねここで摂る。スナック「ふきでもの」で近所の不良主婦と毎晩酒盛りしている。自称「ワイセツハンターやすこ」。漱石からは密かに「[[なまはげ]]」と呼ばれている。
; ゆきお - [[川平慈英]]
: 純喫茶「ジャンバルジャン」の店長。みどりとたかしが学生時代に所属していたミュージカル研究会のOBで二人の先輩。かなりハイテンションな暑苦しい性格でしょっちゅう学生時代のミュージカルを店内で演じる。善人だが決して思慮深いとは言えず、みどりに漱石が取り憑いていることを信じずに病気と決め付け「大切なのはハートだから」と、彼流聊か外れ気味にみどりを元気づけている。バツイチ。漱石からは「薄っぺらな男」と評されている。
; ひろし - [[レッド吉田]]([[TIM (お笑いコンビ)|TIM]])
: やすこの夫。高校時代は近所でも有名なヤンキーだったが(ちよこ曰く「錆びたナイフどころでなく、錆びた出刃包丁ほどの威力があったらしい)、やすこに一目惚れして入り婿の形で結婚し、今ではすっかり丸くなって家事・炊事を完璧にこなし、知恵袋的裏ワザを駆使し漱石を感嘆せしめる。あまりの美味に漱石をうならせたカレーはルー作りの際、玉ねぎを3時間炒める程に本格的である。[[勃起不全|ED]]だったが漱石の叱咤激励により回復し、最終回の時点では「週2」だと明かす。家付き娘のやすこに、卑屈と思われるほどにアゴでこき使われる姿から、憤慨した漱石に陰で「[[丁稚|でっち]]」と命名されている。
; ゆうた - [[谷村拓哉]]
: やすことひろしの一人息子。じゅんと仲が良い。ひろしになついており、やすこが飲み歩きのため数日、麻雀で一週間家を空けても日頃から家事、育児はひろしが一切をこなしているため特に支障はなく、すくすくと育っている。
363

回編集