「ティベリウス・クラウディウス・ネロ」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: pt:Tibério Cláudio Nero)
その後、同じくオクタウィアヌスと対立していたポンペイウスの息子[[セクストゥス・ポンペイウス]]のいる[[シチリア島]]へ逃走したが、ポンペイウスから軍の指揮権を与えられなかったため、マルクス・アントニウスのいる[[アカイア]]へと渡った。
 
この年紀元前40年にアントニウスとオクタウィアヌスとの間では和平が締結され、翌年ティベリウス・ネロは家族と共に[[ローマ]]に帰還する。このローマでオクタウィアヌは初めて出会ったリウィアに惹かれ、結婚を強く望むようになる。ティベリウス・ネロはこの要望を受け入れ、身重の妻と離婚した。[[紀元前38年]]1月17日にリウィアとオクタウィアヌスは結婚し、その後リウィアは次男ドルススを出産した。
 
ティベリウス・ネロは長男ティベリウスと生まれたばかりの次男ドルススを養育したが、紀元前33年に死亡した。このとき[[フォルム・ロマヌム]]での追悼演説は長男ティベリウスが務めた。ティベリウス・ネロの没後、ティベリウスとドルススはリウィアに引き取られ、アウグストゥスの継子として成長していくことになる。
匿名利用者