「空想的社会主義」の版間の差分

編集の要約なし
[[マルクス主義]]者が、自らのバージョンの社会主義を説明するために、[[科学的社会主義]]という言葉を用いることもある。これは、彼らの社会主義が[[社会科学]]に基づいて開発されたものであることを強調し、非科学的で観念的と見なす空想的社会主義との違いを際立たせるためである。
 
しかしながら、「科学的」を自称するマルクス主義・社会主義国家が次々と崩壊・挫折していく一方で、シャルル・フーリエのように20世紀以降において再評価される思想家もいる。また、[[協同組合]]運動については、その源流を[[ロバート・オウエン]]としており、オウエンの思想は順当に発展していったとも解釈できる。以上を考えるに、「科学的社会主義」に対する「空想的社会主義」なる語の使用、単なる「より旧世代である」というレッテル貼りでしかなく、実際にはそうう評価とは逆になっている面もある
 
== 関連項目 ==
匿名利用者