「クモノスホコリ」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: '{{生物分類表 | 色 = khaki <!-- | 画像 = 250px | 画像キャプション = ムラサキホコリ(''Stemonitis fusca'')...')
 
編集の要約なし
{{生物分類表
| 色 = khaki
<!-- | 画像 = [[Image:Stemonitis_fuscaCribraria cancellata kmnsh01.jpgJPG|250px]]
| 画像キャプション = ムラサキクモノスホコリ(''Stemonitis fusca'')の未乾燥の[[子実体]]-->
| 名称 = クモノスホコリ
| ドメイン = [[真核生物]] [[:w:Eukaryota|Eukaryota]]
 
[[子実体]]は長い柄の先に単独の胞子嚢をつける、いわゆる単子嚢体で、全体が赤褐色から暗褐色、多数が基盤上に一面に生じる。柄は先端に向かって細くなり、胞子嚢の下で細くなってここで頷くように曲がるものがよくある。背丈は5mmくらい。
[[Image:Cribraria cancellata kmnsh03.JPG|right|220px|thumb|胞子嚢壁の肋]]
 
子嚢は径0.7mmほどのほぼ球形、あるいは上下にやや扁平になる。この類は胞子嚢の壁に網状の構造があって、[[胞子]]が飛散した後にもそれが残る。他方で胞子嚢内部の網状構造である細毛体は持たず、そのため、胞子が飛散した後の胞子嚢はふくらんだ綿のようにならず、中身が空になった籠のようになる。特にこの種は、壁網ではなく、柄のつく側を極とすると[[経線]]方向に当たるような縦方向の筋(肋)のみが強く発達するのが特徴で、網の形にならない。その形はちょっと[[ビンゴゲーム]]のボールを入れる籠を思わせる。実際にはこの肋の間にはるかに細い筋(連結糸)があって、それによって肋は互いに連結されており、顕微鏡で見ればちゃんと網になっている。ただ、この連結糸は肋に比べるとはるかに細いので、[[実体顕微鏡]]程度でははっきり見えない。ついでに、[[プレパラート]]にすると割と簡単に切れる。肋の数は40-50本になる。
[[Image:Cribraria cancellata kmnsh04.JPG|right|220px|thumb|胞子嚢壁の肋・拡大]]
 
また、この類では胞子嚢壁の基部周辺で壁網に分かれず皿状や坪状の杯状体を形成するものが多いが、この種では標準的には全く見られず、柄の付け根まできれいに分かれている(ただし杯状体のできる変種がある。下記参照)。胞子は反射光では赤褐色。
 
== 生育環境 ==
[[Image:Cribraria cancellata kmnsh05.JPG|right|220px|thumb|[[クロマツ]]の朽ち木上に広がる子実体群]]
朽ち木にでることが多い。一般に変形菌の子実体は朽ち木にでるものが多いが、たいていは広葉樹である。しかしこの種は[[裸子植物]]の材木にでることが多く、まれに広葉樹にもでるという。出現は春から秋にわたるが、特に夏に多い。
 
28,698

回編集