「ニース天文台」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:Coupole Bischoffsheim.jpg|thumb|right|242px|The main dome]]
[[Image:Grande Lunette Nice.jpg|thumb|right|242px|The 76-cm refractor at Nice Observatory]]
'''ニース天文台'''(Observatoire de Nice)はフランスの[[ニース]]のモン・グロ(Mont Gros)の頂上にある天文台である。[[1879年]]に銀行家のRaphaël Bischoffsheimによって設立された。[[シャルル・ガルニエ]]の設計により建築され、メインドームは[[ギュスターヴ・エッフェル]]が設計した。
 
[[1888年]]に使用が開始された76-cm (30-inch)屈折望遠鏡は当時の世界最大の望遠鏡であったが、翌年リック天文台の36-inch (91-cm)反射望遠鏡に世界一の座を譲った。
 
1988年に[[CERGA]](Centre de recherches en géodynamique et astrométrie) と統合されコートダジュール天文台となった。
匿名利用者