「迷信犯」の版間の差分

m
m (Category:刑法)
'''迷信犯'''('''めいしんはん''')とは、[[迷信]]、つまり既知の科学的知見によれば実現不可能な[[機序]](きじょ。因果の流れといってもよい。)を利用して[[犯罪]]を実行しようとすることである。
 
例としては、人を殺そうとして[[丑]]の刻参り]]をすることなどが挙げられる。現在の刑法学では、[[実行行為]]と評価できない[[不能犯]]の一種であって、犯罪に当たらないとされるが、[[1870年]]の新律綱領では処罰すべきものとされていた。
 
[[Category:刑法|めいしんはん]]
9,089

回編集