「囲繞地通行権」の版間の差分

m
+Category:民法
m (主述の表現を整える。)
m (+Category:民法)
{{Law}}
'''囲繞地通行権'''('''いにょうちつうこうけん''')とは、ある土地が、他の土地又は海岸・崖地等に囲まれて(この状態を'''囲繞'''という)、[[公道]]に接していない場合に、囲まれている土地所有者が得る、公道まで他の土地を通行する権利である。「'''隣地通行権'''」ともいい、[[地役権]]の一種である。囲んでいる土地を「囲繞地」、囲まれている土地を「'''袋地'''」又は「'''準袋地'''(一部が海岸・崖地等の場合)」という
 
囲んでいる土地を「囲繞地」、囲まれている土地を「'''袋地'''」(ふくろち)又は「'''準袋地'''(一部が海岸・崖地等の場合)」という。
民法第210条から213条にかけて定められる、いわゆる'''[[相隣関係]]'''規定の一つであり、[[私道]]設置の根拠法となっている。通行権者は、囲繞地の所有者に対して、必要最小限の方法により通行権を行使することを得、行使に際し償金を支払う、即ち、有償で行使できる。ただし、[[分筆]]により、袋地が生じた場合は、分筆前に[[一筆]]であった土地のみに無償で通行権が認められる。
 
民法第210210条から213213条にかけて定められる、いわゆる'''[[相隣関係]]'''規定の一つであり、[[私道]]設置の根拠法となっている。通行権者は、囲繞地の所有者に対して、必要最小限の方法により通行権を行使することを得、行使に際し償金を支払う、即ち、有償で行使できる。ただし、[[分筆]]により、袋地が生じた場合は、分筆前に[[一筆]]であった土地のみに無償で通行権が認められる。
民法の現代語化を目的とした、平成1616年民法改正により、「囲繞地」は「その土地を囲んでいる他の土地」などと言い換えられ、法文上「囲繞」の文字はなくなったが、不動産業界等に深く浸透している用語であるので、当面の間は用語として残るものと思われる。
 
また同改正により民法第210条の条文見出しは「公道に至るための他の土地の通行権」とされている。
 
== 関連項目 ==
* [[民法]]
 
{{stub}}
[[Category:民法]]
9,089

回編集