「教会会議」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''教会会議'''(synodもしくはcouncil)とは、[[教会]]の会議。通常は[[キリスト教]]教会が、教義や管理上の問題を話し合うために催す会議を指す。[[公会議]]は教会全体の会議であるため(あるいはより正確には、会議の参加者たちを教会全体であるとみなす者が集めた会議であるため)にそう呼ばれる。
 
教会会議を示す英単語Synodは、ギリシャ語で集まりを意味するsynodosから来ており、ラテン語のconciliumと同義である。教会会議という言葉は元は[[司教]]:[[主教]]の会議を意味していており、現在でも[[カトリック教会]]と[[正教会]]ではその意味で用いられる。
 
時折、総会(''general synod''あるいは''general council'')という言葉が公会議を指すために用いられることがある。また[[シノド]](synod)という言葉は正教会で[[独立正教会|独立教会]]を統治している高い地位の主教達の会議を指すのに用いられることもある([[聖シノド]]:Holy Synod)。
94,774

回編集