「上杉重房」の版間の差分

編集の要約なし
'''上杉 重房'''(うえすぎ しげふさ、生没年不詳)は[[鎌倉時代]]中期の[[公家]]、[[武士]]である。[[上杉氏]]の祖。
 
別称を式乾門院蔵人、官位は[[修理職|修理大夫]]・[[衛門府|左衛門督]]。子[[上杉頼重]][[山名政氏]]室、[[足利頼氏]]室など
 
== 経歴==
[[京都]]の中級[[公家]]であった、[[衛門府|左衛門尉]][[勧修寺清房]]([[藤原北家]][[藤原高藤|高藤流]])の二子として生まれる。[[1252年]]([[建長]]4年)、[[後嵯峨天皇]]の皇子[[宗尊親王]]が[[鎌倉幕府]]第6代[[征夷大将軍]]に就任するが、重房はその介添えとして共に[[鎌倉市|鎌倉]]へ下向した。[[丹波国]][[何鹿郡]]上杉庄([[京都府]][[綾部市]][[上杉町]]周辺)を賜り、以後あらたに[[上杉氏]]を称した。
 
[[1266年]]([[文永]]3年)、宗尊親王は謀反の疑いにより帰京させられるが、重房はそのまま鎌倉にとどまってり、[[武士]]となり、って幕府に仕えた。やがて有力御家人[[足利泰氏]]に仕える。重房の妹(娘?)が[[足利頼氏]]の[[家女房]]となり、その間に生まれた[[足利家時|家時]]は[[足利家]]の当主となる。以後、上杉氏は姻戚関係を通じて足利家中で権勢を得るようになった。この婚姻は、足利氏が、もともと公家で[[朝廷]]とのコネクションがあった上杉氏を重要視した結果といわれる。
 
また、重房の孫娘[[上杉清子]]は、[[足利家時]]の子[[足利貞氏|貞氏]]に嫁して後の[[征夷大将軍]][[足利尊氏]]やその弟の[[足利直義|直義]]を産んでいる。また、その清子の弟は[[題目宗]]の[[僧]]となって[[日静]]と名乗り、京[[本圀寺]]や[[越後国]]三条[[本成寺]]([[新潟県]][[三条市]])の住職となり、師の名僧[[日印]]が[[幕府]]の殿中で全[[宗派]]を論破したことについて「[[鎌倉殿中問答]]」として書き残すことにな記している。
 
墓所・法名 不詳。
匿名利用者