「基板」の版間の差分

→‎基板の種類: ユニバーサル基板の加筆
m (プリント配線板の用語を決めているのはエレクトロニクス実装学会ではないし、プリント配線板以外も含まれている)
(→‎基板の種類: ユニバーサル基板の加筆)
[[File:Stripboard AM Receiver.jpg|200px|right|thumb|ユニバーサル基板上に構築されたAMラジオ]]
;ユニバーサル基板
:'''蛇の目基板'''、'''万能基板'''、'''ディスクリート基板'''、'''穴あき基板'''とも呼ばれ、母材の絶縁板に規則的なパターンの銅箔と穴が開いている。多くが一定間隔(主流は2.54mm(054mm = 0.1[[インチ]]間隔、現在も入手できるが古くからある4.0mm間隔が一般的)の格子状に貫通孔と銅箔の'''ランド'''、そして数個のランド間を結ぶ銅箔の配線がエッチング形成されている基板である。部品がランドにハンダ付けされ、そのランド間を[[スズ]]めっき線などで配線することにより、使用者が自由に回路の配線を作ることができる。片面に銅箔のあるものと両面のものがあり、両面の物はスルーホール処理されているものがある。電子部品の端子形態やアナログ回路/デジタル回路の便益に考慮した多様なデザインと大きさのものが販売されており、例えばICピッチ基板と呼ばれるデジタル回路用のデザインの中では[[集積回路]]の形に合わせてあらかじめ引き出し線、電源ラインなどのパターンが付けられたものもある。趣味での電子工作や試作実験に用いられる。{{-}}
 
[[File:StripBoard.png|200px|right|thumb|ストリップボードの拡大写真]]
721

回編集