「王平」の版間の差分

m
m (→‎略歴: いきなり略すのはよくない)
234年、諸葛亮が[[五丈原]]で魏軍と対陣中に没すると、長史の[[楊儀]]は諸葛亮の遺言に従い全軍撤退を命じた。ところが、かねてから楊儀と不仲であった[[魏延]]が撤退命令に従わず、楊儀討伐の兵を挙げるという事態が起きてしまった。この時、王平は楊儀の先鋒となり、魏延配下の兵士に向かって「公(諸葛亮)が亡くなり、その身もまだ冷たくならないうちに、お前たちは何でこんな事をしようとするのか!」と一喝した(『蜀書』魏延伝)。魏延の兵士たちはこれを聴くと、魏延を見捨てて逃げ去ったため、楊儀は難なく魏延を討ち取ることに成功した。[[陳寿]]はこの時の戦いを、「一戦して(魏延を)破り、これを平らげたのは、王平の功績である」と称賛している。
 
撤退後は後典軍・安漢将軍に昇進し、[[呉懿]]の副将として漢中に駐屯し、漢中太守を兼任した。[[237年]]に呉懿が死去すると、後任として漢中方面の守備を任され、安漢侯に封じられる。その後も、前監軍・鎮北大将軍に昇進し、漢中の軍事・行政を一任された。[[244年]]、魏の[[大将軍]][[曹爽]]が、10万の大軍を率いて蜀に侵攻してきたが、王平は興勢山に出撃してこれを迎え撃ち、[[費イ|費禕]]の援軍が到着するまでの時間を稼ぎ、撃退することに成功した。このころ[[トウ芝|鄧芝]]と[[馬忠 (蜀漢)|馬忠]]が、それぞれ蜀の東と南を防備していたが、王平の名声は彼らと並び称せられるほどであった。また、『[[国志]]』によると、同郡の[[句扶]]や後任の大将軍である[[張翼]]、[[廖化]]と並んで賞賛されていたとある。
 
[[248年]]に病死し、嫡子の王訓が継いだ。
456

回編集