「オル・チキ文字」の版間の差分

編集の要約なし
'''オル・チキ文字'''('''おる・ちき・もじ''')は[[20世紀]]に[[インド]]東部のある[[サンタル人]]により、[[サンタル語]]を表記するために考え出された[[文字]]である。[[インド]]で一般的な[[音節文字]](または[[アブギダ]])と違い、実質的な[[アルファベット]]([[音素文字]])である点が大きな特徴である。
 
{{language-stub}}
匿名利用者