「中野清 (政治家)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[1998年]]新進党解党後翌年、埼玉県内から選出された議員が中心となり発足した[[改革クラブ]]に所属し、保守系議員として活動した。
 
[[1998年]]に発生した台風4号による水害に対して、激甚災害指定を取り付ける事に成功。河川激甚災害対策特別緊急事業により、新河岸川、不老川への水害対策が行われた
河川激甚災害対策特別緊急事業により、新河岸川、不老川への水害対策が行われた。
 
[[2000年]]県議会議員時代に属していた自由民主党に復党し、その年の[[第42回衆議院議員総選挙|総選挙]]では、自民党候補として再選を決めた。自民党副幹事長を歴任。
 
[[2003年]]の[[第43回衆議院議員総選挙|総選挙]]では、[[小宮山泰子]]([[民主党 (1996-)|民主党]])に惜敗するも[[比例北関東ブロック]]で復活当選した。
 
[[2005年]]の[[第44回衆議院議員総選挙|総選挙]]では、4選を果たし、[[財務省 (日本)|財務]][[大臣政務官]]、[[法務大臣]]政務官、厚生労働副大臣(労働担当)、自民党副幹事長(2回)、衆議院[[内閣委員長]]を歴任。商店街を蘇らせる行動政策研究会、通称あきんど議連の会長も務めた。
当選後は、[[財務省 (日本)|財務]][[大臣政務官]]、[[法務大臣]]政務官、厚生労働副大臣(労働担当)、自民党副幹事長(2回)、衆議院[[内閣委員長]]を歴任。
 
2009年8月30日に行われる[[第45回衆議院議員総選挙]]には[[公明党]]の推薦を受けて出馬<ref>http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1 /20090730-OYT1T00850.htm</ref>するも、小選挙区で落選、民主党の[[小宮山泰子]]の前に再び惨敗。[[比例を辞退代表制|比例代表]]は73歳未満と定めた党規に抵触していたため重複立候補は許されず議席を失うことが確定落選した。
現在は、商店街を蘇らせる行動政策研究会、通称あきんど議連の会長を務めている。
 
2009年8月30日に行われる[[第45回衆議院議員総選挙]]には[[公明党]]の推薦を受けて出馬<ref>http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1 /20090730-OYT1T00850.htm</ref>するも、小選挙区で落選、比例を辞退していたため、議席を失うことが確定した。
 
== 関連項目 ==
2,944

回編集