「五声」の版間の差分

七声
m (cat)
(七声)
'''五声'''(ごせい)は、[[中国]][[音楽]]で使われる五つの[[音]]。'''五音'''(ごいん)ともいう
 
''''''(きゅう)、''''''(しょう)、 ''''''(かく)、 ''''''(ち)、 ''''''(う)の五つ。音の高低によって並べると、[[五音音階]]ができる。西洋古典音楽の音階でそれぞれ大体、宮はド(Do)、商はレ(Re)、角はミ(Mi)、徴はソ(Sol)、羽はラ(La)にあたると説明されることが多い。後に'''変宮'''(宮の低[[半音]])と'''変徴'''(徴の低半音)が加えられ、'''七声'''または'''七音'''となった。変宮と変徴は大体、シと#ファ(fis)に相当する。音の低いものから並べると、宮・商・角・変徴・徴・羽・変宮で、[[七音音階]]を形成する。[[秦]]以降、七声は、宮・商・角・清角(角の高半音の意)・徴・羽・変宮、または宮・商・清角・徴・羽・清羽などでも表された。なお中国伝統音楽にはファに相当する音がない。また、これらの音は、相対[[音高]]があるのみで、絶対音高はない。
 
<!--
三分損益法、さんぶんそんえきほう、によって算出される?;理論によっては角はファ(Fa)?
-->
 
[[Category:音楽理論|こせい]]
匿名利用者